ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース
20.Dec.2018

若い女子が夢見るシンデレラストーリーの“その後”に号泣『アリー/スター誕生』

若い女子が夢見るシンデレラストーリーの“その後”に号泣『アリー/スター誕生』

昼間はウェイトレスとして働きながら、歌手を夢見て地元のバーで歌う田舎娘アリーが、ツアーで偶然町に来ていた大スターの歌手ジャクソンに見出され、またたくまにスターの階段を駆け上がってゆく――レディ・ガガ主演の『アリー/スター誕生』は、これまでにも何度かリメイクを繰り返している王道シンデレラストーリー。こんなのあるわけないから!と思いながらも、ついつい憧れてしまう女子も多いんじゃないかなーと思います。
pattern_1
アリーは歌を歌う能力はもちろん、歌を作る才能もある人。でもこれまで「歌はいいけど顔がねえ。鼻が大きすぎるよ」と言われ続けてきて、自分は歌手にはなれないと諦めています。でもジャクソンは純粋に彼女の才能にほれ込み、自分のステージに招待(リムジン&プライベートジェット機)し、さらにステージ上で歌わせるというサプライズまで演出。さらに演じているのがブラッドリー・クーパーなんですから、これで恋に落ちないわけがありません。アリーは恋と夢のふたつを一挙に手に入れて――ディズニー映画ならばここでハッピーエンドとなりそうなところですが、この物語はその先を描き、ハンカチを忘れたら困るほど号泣させられます。

大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』がほとんどクイーンのライブに行ったような気持ちにさせられるのと同じで、こちらはもちろんレディ・ガガの歌が最大の見どころ。ピアノを弾きながらアコースティックで歌うデビュー当初のアリーから、やがてスターになってゆき、派手な衣装で歌い踊る姿はまさにレディ・ガガそのもの。そして映画のラストの一曲は、その場面のアリーの感情を歌に乗せて演じながら表現する素晴らしさで、きっと涙が止まらなくなると思います。

実はこの作品、5年ほど前にビヨンセ主演で企画されたものなんだとか。ガガ様も素晴らしいけれど、ビヨンセ版も見たかったな~、なんて思ったりもして。
『アリー/スター誕生』
(C)2018 Warner Bros. All Rights Reserved.

文/渥美志保
7 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ