ライフスタイル
ステキ女子が行く恋旅!

【連載】恋旅・岡山県編 vol.7 〜老舗「野村」のデミカツ丼で疲れも吹っ飛ぶ!~

with girlsが全国各地を巡り、その土地の魅力を再発見する連載「ステキ女子が行く恋旅!」。
旅も終盤にさしかかってきた岡山県旅。最後の目的地は岡山県のご当地グルメ・デミカツ丼が有名な「味司 野村」へ!

デミカツ丼って?

東京のホテルの方でデミグラスソースを学び、お米と合わせたいと男性が考案した料理だそう!昭和6年に提供が開始され、 次第にウワサがウワサを呼び、食堂や喫茶店、洋食店でも提供しはじめ、いつしか岡山市中心市街地では多くの店がデミカツ丼を提供するように。

今回訪れた「味司 野村」の創業者はなんとそのホテルで修行していた男性だった!

なんとデミカツ丼を考案した男性が、岡山市の料理店「味司野村」の創業者である野村佐一郎だったんです!つまり今回訪れた「味司 野村」はデミカツ丼の発祥元!
ちなみに味司野村では、デミカツ丼を「ドミカツ丼」と呼んでいます!
pattern_1

雰囲気漂う外装は、さすがデミカツ丼発祥元。

pattern_1
なお、デミカツ丼を古くから提供している店はデミカツ丼を「カツ丼」と称しており、通常の卵とじのカツ丼も並行して提供している場合は「卵とじカツ丼」、「卵カツ丼」、「カツたま丼」などの名称を用いているそうです。最近になってデミカツ丼をメニューとした店では、デミカツ丼は「デミカツ丼」の名称で提供することが多いみたい!

pattern_1

デミカツ丼を前に、1日の疲れも吹っ飛びます!

pattern_1
1日岡山県を観光して少々お疲れ気味の4人。ですが、いい香りが漂うデミカツ丼を前に笑顔も満開に!
pattern_1

「デミカツ丼」と「玉子とじ丼」のセットもいただけます

pattern_1
一般的な「玉子とじ丼」も用意されていて、丼サイズも、普通サイズと普通の2/3の子サイズ、普通の1/2の孫サイズがあり、お好みの量で楽しめます♪
pattern_1
pattern_1
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ