編集部|ライフスタイル

億稼ぐ伝説キャバ嬢・エンリケが最も大事にしていた“誰にでもできる小さな心がけ”の秘密

「伝説のキャバ嬢」エンリケさんの心構えと半生に迫る!

Instagramのフォロワー数は何と56.9万人!
若い女性のみならず幅広い層から絶大な支持を得る、名古屋の伝説の元キャバ嬢、エンリケさん。

今でこそ伝説と唱われているエンリケさんですが、実は彼女にも猫背でいまいちパッとせず、全く売れない苦しい時期があったのだそう。そんな彼女が日本一になることが出来たのは、◯◯を実践したからだった───?

ということで、今回もエンリケさんの半生と14年間の努力の軌跡に触れ、感じることができる著書『結局、賢く生きるより素直なバカが成功する』の中身を、特別に少しだけご紹介します。

【著者プロフィール】エンリケ

1987年11月2日生まれ、岐阜県出身。

18歳から14年間、名古屋でキャバ嬢を務めた。2019年に名古屋・錦の老舗高級キャバクラ「アールズカフェ」にて盛大に行われた引退式では4日で5億円を売り上げ、名実ともに伝説を残す。現在は拠点を東京に移し、会社経営者として多方面で活躍中。

夜の世界は色恋を期待されがち!? だけど……

色恋はタブーだけど、夢は壊さないのがマナー

キャバクラに疑似恋愛を求めてくるお客様は、たしかに多い。だから色気を振りまいて、男性をその気にさせるキャバ嬢はたくさんいる。だけど私は色恋営業はしない。というか、できない! そもそも色気がないし、うまく計算できないからね。  

それでも昔は、下心が丸見えのお客様もいた。

たとえば「この後、ホテルに行こうよ」とド直球を投げてきた人もいる。

そこでキッパリ断ると、露骨に機嫌が悪くなって、もうお店に来なくなる。それでは売り上げにつながらない。困ったもんだよね。だから断り方も大事。 基本的には「この後予定があるので」とはぐらかしていた。
「今日は生理なの」と言ってもいいし。でも、いつなら予定がない? 生理じゃない? と正直きりがない。

真面目に付き合いたいと言われたら、「告白してくれて嬉しい! でも今は仕事が一番いい時期でナンバーワンを目指したいの。応援してほしい。落ち着くまで見届けてほしい。落ち着いたら考える」と答えていた。

「付き合えないから!」とはっきり断っちゃうとお店に来なくなって、売り上げにならなくなる。だからそこはうま〜くかわしてた。キャバクラは夢を売る仕事だから、夢は打ち砕かないのがルールだしね。

色恋を断るのは、はっちゃけキャラになってからは、断然ラクになった。
「彼氏はいるの?」と聞かれたら、「日替わりで月火水木といて、金曜なら空いてるけど、どう?」と返したり、「付き合って」と言われたら「私、結構臭うけど大丈夫?」 と返したりすると、笑って終わる。

もしものときはこう対処!

でもそんなことが言えなくて、困ることもあると思う。下心丸出しでアフターに誘われたりしたら。

そんなときは、ひとりで行くんじゃなくて、もうひとり女の子を連れて行った方がいい。できるだけ酔っ払っている子を。するとそんなエロい雰囲気ではなくなるから、相手はきっと諦める。
次のページ>>エンリケさんが大事にしている、とある心がけ  
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ