編集部|ライフスタイル
26.Dec.2020

【東海大学】経験豊富な4年生トリオに注目。今季も総合力はピカイチ[PR]

 

東海大学基本info

1973年に箱根駅伝に初出場してから、東海大学は上位に食い込みながらも優勝には手が届かずという状況が長らく続いていたが、同大卒業生でもある両角速監督の指導のもと力をつけていき、過去5大会では上位入賞。2019年には初優勝を遂げ、東海大学は箱根駅伝において常連校となっている。

選手層の厚さで上位は当然? 東海大学「黄金期」へ

2019年の箱根駅伝で見事、初優勝。
このところ、東海大学は安定した成績を残し、黄金期に入りつつある。過去5大会の成績を振り返ってみると、5位、10位、5位、1位、2位と、この2大会ですっかり上位校として定着した印象がある。

高校駅伝の名門、佐久長聖高の指導をしていた両角速監督が、母校である東海大に戻ってきたのは2011年のこと。当初、両角監督は試行錯誤しながらも強豪クラブを作り上げ、全国から有望な選手が東海大に集まってきた。

東海大の魅力は、学生トップレベルの選手がそろっていること。初優勝したチームにも、日本選手権チャンピオンがふたりもいた。1500mで優勝した舘澤亨次と、3000m障害のチャンピオンとなった阪口竜平である。得意種目が異なる選手たちが、普段から切磋琢磨し、競い合うのが東海大の強さの秘密

塩澤・名取・西田。頼りになる「4年生トリオ」

pattern_1
塩澤稀夕選手(主将・4年)。昨シーズンは3大駅伝すべてで主要区間を走った東海大エースのひとり。全日本大学駅伝でも区間2位という走りでチーム順位を押し上げた。
今回の箱根駅伝では、「総合力ならば、東海大がナンバーワンではないか」という前評判が高い。特に、前回の箱根駅伝を走った3人の4年生は頼りになる。

前回、2区を走った塩澤稀夕選手は、エースが集う花の2区で区間7位と健闘し、4区の名取燎太選手は区間2位の好走。そして2年生から5区の山上りを担当する西田壮志選手は、前々回は区間2位、前回も区間7位と安定した走りを見せた。

この4年生トリオは高校時代から駅伝に強く、特に名取選手は高校3年生のときの全国高校駅伝で10㎞の最長区間を走って区間賞を獲得しており、駅伝での勝負強さがある
名取選手はまた両角監督からの信頼も厚く、今年の全日本大学駅伝では2年連続でアンカーを任され、駒澤大の田澤廉選手とデッドヒートを繰り広げた。このレースでの名取選手は立派だった。たすきを受けた時点でわずかに駒大をリードしていたことで、ずっと前を走る展開になった。
長距離で「前を引く」のは損な役回り。風を真っ向から受けてしまうのだ。後ろの選手は前の選手を風よけにしながら力が温存できる。名取選手はあえてその役割を担い、ラスト1.1kmまで先頭を走った。ラストスパートで後れを取ったのは、勝負の綾。「負けてなお強し」を印象づけた。
レース後、名取は負けを潔く認め、こう話した。
「田澤選手のスパートに備えてはいたんですが、想像以上に足が動かなくてついていけなかったです。引っ張っていたというのを言い訳にしてはいけないんですが、わりと風が強かったこともあり、消耗してしまったのが後半にも響いてしまいました」

この経験は、きっと最後の箱根駅伝で生きるに違いない。
次のページ>>出場経験のない新戦力も強い、強い!
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ