withonlineロゴ
ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」

素敵な一点に巡りあえる♡お気に入りのインテリアショップ<東京編>【ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」vol.46】

暮らし
おうち時間がより長くなった近年。もともとインテリアには興味がありましたが、以前よりもましてインテリアについて考える時間が増えました。今やオンラインショップで買えないものはほとんどありませんが、直接店に出向いて色味や手触りを確認してからお迎えするというのもひとつの手。今回はつい足を運んでしまう、東京のお気に入りのインテリアショップをご紹介します。

1 LIVING MOTIF@六本木

六本木にあるインテリアショップ。地下1階〜2階まである大型店舗でインテリア雑貨や家具、キッチン用品、ステーショナリーなど、国内外からセレクトされたアイテムが揃っています。このお店の好きなところは「本物」だけをスタッフの方が厳選して置いているということ。古いもの、新しいもの、有名、無名かかわらず、プロの目利きで選ばれたアイテムしかないので、見ているだけでもとても楽しめます。
ANGLEPOISEの卓上ライト
pattern_1
リビングモチーフで購入したのは「ANGLEPOISE (アングルポイズ)」の卓上ライト。以前からずっと欲しいなと思っていたランプで、お店で実際に展示されているのを見たら、どうしても連れて帰りたくなってしまい購入することにしました。
 
pattern_1
アングルポイズが生まれたイギリスでは、デスクランプの定番とも言われているそうで、スッキリと無駄のないデザインは、どんな空間にも合いそうです。またアームが上下に伸縮し、ヘッド部分も左右にふることができるため、照らしたい部分をさっと明るくできる機能性も気に入っています。
ドイツ人アーティスト カート・クランツの作品集
pattern_1
ふたつ目はドイツ人アーティスト カート・クランツの作品集。彼はドイツの有名美術学校BAUHOUSE(バウハウス)出身。たまたまお店をのぞいた時に、アートのデザインに惹かれ購入することにしました。
pattern_1
16枚の作品がポスター形式で入っており、私は中から好きなアートを選んでフレームに入れたものを飾っています。16枚あるのでシーズンや気分によって入れ替えて楽しめますよ。
次のページ>>ヴィンテージ好きにおすすめしたいお店はココ!
72 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS