withonlineロゴ
ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」

【賃貸リビングDIY】マルチクロスを使ったカーテンと原状回復できるクッションフロア貼り【ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」vol.41】

暮らし

リビングの床をクッションフロアに張り替え!

pattern_1
リビング床には「東リ」のクッションフロア「FS3002(エイジドモルタル)」を敷きます。木のフローリングやタイルを貼ることも考えましたが、今のお部屋は柱が多く、床の形状が複雑だったため、カッターやハサミで簡単に切ることができるクッションフロアを選びました。
 
pattern_1
材料はクッションフロアと合わせて、以下のものが必要です。
材料
・カッターナイフ
・ハサミ
・クッションフロアカッター
・ローラー
・ヘラ
・マスキングテープ
・メジャー
・クッションフロア 両面テープ

1 床にマスキングテープを貼る

pattern_1
持ち家の場合、クッションフロアは糊で貼り付れば良いけれど、賃貸物件の場合は原状回復できるように施工します。全体の流れとしては粘着力の弱いマスキングテープを床に貼り、その上に両面テープ、クッションフロアを重ねるというイメージです。

2 マスキングテープの上に両面テープを貼る

pattern_1
マスキングテープを縦横に貼ったら、その上に両面テープを貼っていきます。両面テープはマスキングテープの幅よりもやや狭めのものを使うと、接着部分が床につかなくておすすめです。

3  クッションフロアをお部屋の形にカットする

pattern_1
ここが一番難しいポイント! 床の形がシンプルな長方形であればカットするのも簡単ですが、柱や壁が凸凹している場合はかなり時間がかかります......。カッターやハサミを駆使しながらなんとかやり切りました。
次のページ>>クッションフロアをカットしたら、次はいよいよ貼る工程!
77 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS