ライフスタイル
ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」

梅雨の時期を心地よく過ごすための、愛用レイングッズ5選【ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」vol.24】

ジメジメとしたお天気が続く梅雨。空模様と相まってなんだか気分も沈みがち......という方も多いのでは。そんな時はお気に入りのレイングッズを普段の暮らしに取り入れてみるのはいかがですか? 小雨の日も、風が吹く日も、気分が上がるアイテムがあれば、お出かけも楽しくなるかもしれません。今回は長傘やレインブーツなど梅雨を楽しく乗り切るためのレイングッズをご紹介します。

1 24本の骨で風にも強い!和柄モチーフの長傘

pattern_1
梅雨シーズンに必ず1本は持っておきたい長傘。ビニール傘でも雨はしのげるけれど、少しでも気分が上がるものを、と思い使っているのが「mabu 超軽量24本骨傘 江戸」。
pattern_1
一番の特徴は何といっても丈夫なところ! 名前の通り通常よりも傘の骨が多く、24本のグラスファイバー製骨が使用されています。しっかりとした作りなので、ちょっとやそっと風が吹いたぐらいでは壊れなさそう。近年台風など強い雨が降ることが多くなったので、ひとつ丈夫な長傘があると安心ですよね。
pattern_1
もうひとつ好きなポイントはこのさりげなく入っている和柄。竹かごの網目模様から由来した「八角籠目(はっかくかごめ)」という模様なのだそう。パッと目を引く紺色のカラーも雨の日の気分を上げてくれます。
pattern_1
持ち手が木製でできいるのも可愛らしいですし、波打つような木のデザインが手にフィットするんです。手触り良し、見た目良し、機能良しで今年の梅雨も活躍すること間違いなし!

2 i-Phoneよりも軽い! 晴雨兼用の折りたたみ傘

pattern_1
降水確率が高い時は長傘の出番だけれど、今日は雨が降るか微妙だな......という時には折り畳み傘をカバンにしのばせるようにしています。使わないかもしれないものをカバンに入れるならできるだけ軽い方が良い! ということで使っているのは「エスタ(estaa)×東急ハンズ 超軽量一級遮光傘」。
pattern_1
なんとこの折り畳み傘、重さが120gを切っていてi-Phoneよりも軽いんです。軽すぎてたまにカバンに入れたか不安になってしまう程(笑)。気軽に持ち運べるので、お天気が不安な時に持っておくととても心強いです。
pattern_1
軽量なぶん台風のような強い風には向いていませんが、晴雨兼用で遮光率が99.99%以上、かつ紫外線遮蔽率(UVカット)も99%以上のためオールシーズン使うことができます。小さめバッグにも入るので、ぜひひとつ揃えておくととっても重宝しますよ!
次のページ>>雨の日が楽しくなる!デイリーにも履けるレインブーツ  
56 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ