ライフスタイル
ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」

春支度のおすすめ3選!お部屋の中から新しい季節を迎えよう 【ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」vol.14】

気温もぐんとあたたかくなり、春の訪れを感じるこの頃。もう少しすればお花見やピクニックなど外でのイベントも楽しめそうな時期ですが、まずはお部屋の中から春を迎える準備をしてみませんか? 今回は冬物の整理や、掃除、春物の準備など、春を迎えるためのお部屋づくりのアイデアをご紹介いたします。

1 冬に活躍したアイテムを片付ける

ブランケットをお手入れする

pattern_1
春を迎えるために、まずは冬物の整理から始めてみましょう。電気毛布やヒーターなど真冬しか使わないアイテムは春が来る前に思い切って片付けてみるのも良いかもしれません。私は愛用していた「KLIPPAN(クリッパン)」のブランケットを片付けることに。
pattern_1
手洗いしてそのまましまっても良いけれど、ブランケットを購入した時についてきた毛玉とりでもうひと手間。これを使って少しブラッシングすると、無駄な毛玉をあつめることができます。ブランケットが薄くなってしまうので、取りすぎには注意しないとダメですが、この手間をかけるとブランケットの手触りが少しなめらかになるので毎年このタイミングお手入れをしています。

来年に持ち越す冬服を選定する

pattern_1
昔は「いつか着るかもしれないから」「すごく高かったから」という理由で服をため込み、クローゼットの中がぎゅうぎゅうだった私。しかしミニマリストである知人の生活を知ってから、服をかなり断捨離し、今では季節の変わり目には来年に持ち越す服とそうでないものを選り分けるようになりました。
pattern_1
選定方法はとってもシンプル。冬物を広い場所へ並べ来年も着たいものは左へ、今年一度も着なかったもの、着たけれど今後着る予定がないものは右へと選別していきます。広い場所に服を出してみると自分の服の好みが把握でき、お買い物の失敗も減るのでおすすめの方法です。
pattern_1
今回は今年一度も着なかったグレーのスウェットとカーキのワイドパンツを断捨離することにしました。だいたい使わなくなったものはメルカリに出すか妹に譲ることが多いです。
次のページ>>冬に溜まったホコリや汚れをきれいさっぱり取りのぞこう!  
48 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ