withonlineロゴ
心と体トピックス

胎動が痛いくらい激しい!赤ちゃんは大丈夫?胎動の仕組みや対処法について徹底解説

心と体

胎動にまつわるよくある質問

Q1:胎動が激しいと男の子が生まれる?

男の子の方が胎動が強く、女の子の方が優しいという迷信がありますが、これは医学的根拠がありません。性別と胎動の関係性はないとされています。優しい胎動の男の子もいれば、女の子でも激しく動くこともあり、お母さん側の感じ方も含めて個人差の範囲といえるでしょう。

Q2:生まれる前は胎動がなくなる?

これは迷信です。臨月にもなると回転するような大きな動きは減ってきますが、赤ちゃんが元気でいる限り、生まれるまでお母さんは胎動を感じ続けるはずです。胎動がなくなったと感じた際はよく観察をし、普段と違うと感じたらかかりつけ医に相談しましょう。

Q3:パパが触ると胎動がなくなるのはなぜ?

赤ちゃんは外の音をよく聞いています。いつもと違う声が近くで聞こえて「なんだ?」と興味を持ち、観察しているのかもしれません。パパも根気強く日々声をかけ続け、赤ちゃんを取り巻く「当たり前」となれると赤ちゃんもリラックスして動きを伝えてくれるかもしれませんね。

Q4:胎動で気分が悪くなるお母さんがいるって本当?

ただでさえおなかが大きくなってきて圧迫されているところに、胎動でさらに圧迫や衝撃が加わるために、気分が悪くなるお母さんもいます。特に、後期づわりがひどい人は胎動で一時的に悪化することもあるようです。無理せず休んだり、前述の行動を試してみましょう。

Q5:逆子だと膀胱を蹴られる?

骨盤位(逆子)の場合は足が下にあるので膀胱を蹴られることがよくあります。その結果、お母さんは圧迫を受けて尿漏れすることもしばしばあるようです。
 
いかがでしたでしょうか。今回は「胎動」について、基本的な知識から、胎動のバリエーション、「10回カウント法」の実践方法なども併せてお伝えしました。既に何人か出産している方に聞くと、赤ちゃんの性格の違いは胎動から既に表れていたという方も多いです。胎動から、生まれて来る赤ちゃんがどんな子なのか未来への想像を膨らませてみるのも楽しいですね。

そして外から見えるほど激しい日には、記念に動画などを撮って保存しておくのもお勧めです。胎動は妊娠中の限られた期間にしか感じられない特別な感覚です。赤ちゃんと一心同体な“今”をぜひ楽しんでいってくださいね!


記事監修/助産師 荒井彩乃
 
60 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS