編集部|ライフスタイル

他の女子とは“座り方”で差をつけるべし! マナー講師に聞く「最も美しい座り方」

「デートしてもその後につながらない」「仲良くなりたいのに世間話がうまくできない」など、いろんな場面で自分をうまくアピールできないことに悩んでいませんか?
そんな悩める女性たちを応援するべく、アナウンサーであり、マナー講師も務める田中未花さんの著書『知的で気品のある人がやっている 気くばりとマナー』から、初対面でも知的さや気品が伝わる気くばりやマナーを厳選してご紹介します。
読んですぐに取り入れられる、簡単な方法ばかりなので、ぜひ挑戦してみてください!

最も美しい座り方をマスターする

座っているとき、女性の足が最も綺麗に見えるのは「正面から斜め30度傾けて足を下ろす」です。
このとき、足の甲から爪先にかけてもまっすぐ流すのがポイントです。足の甲を、ふくらはぎに対して直角に落としてしまうと、膝下から爪先にかけてのラインが崩れてしまい、足が短く見えますので注意してくださいね。

ただ、このスタイル、実際に挑戦してみるとわかるのですが、長く続けていると足が痛くなってきます。「もう少しラクに綺麗に見せたい」あるいは「足を横に流すスペースがないけれど膝下を長く見せたい」ときは、膝下を直角より15度前に出してまっすぐ下ろしてください。膝下が長く綺麗に見えます。
次のページ>>老若男女に愛される座り方とは?
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ