編集部|ライフスタイル
20.Mar.2018

新生活のお弁当にも♪ 野菜たっぷりの簡単おかずスープで節約レシピ

みなさんこんにちは!
with girlsエディターのなおみです。

きょうは春から新生活という方のためにも、お弁当にも使える簡単なスープのレシピをご紹介したいと思います。

節約!ランチ代1万5000円ほどカット

さて、毎朝のお弁当作り正直面倒だなと思う方多いかと思います。

実はわたしも、お弁当作りを初めて1年目のまだ初心者なのですが、初めて1番良かったことは「ランチ代の節約」になったこと。

1日500円~700円代に抑えているつもりのランチ代も、1カ月となると以外にかさむもの。

でもお弁当作りを始めたことで、月13000円~15000円の節約になっていることに気付きました。

おかずスープで満足ランチ♪

とはいえバランスや彩りを考えると、案外お弁当作りって難しいですよね。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、「おかずスープ弁当」です。

野菜をたっぷり使うのためヘルシーでバランスも取れる。

何より主菜、副菜…と悩むことも無くなるんです。

手羽先丸ごと!大根とネギのキムチスープ

pattern_1

レシピ

【材料】
大根 3〜5cm
ネギ 5cm
キムチ 30g〜50gほど
手羽先 2本
絹どうふ 30g〜50g
水 500ml
ごま油 小さじ1
顆粒鶏スープの素 大さじ2

1.大根を串が通るまでアクを取りながら煮込む(時間がないときはレンジでチンでOK)
2.スープの素を入れ、沸騰したらキムチも入れる、その後にしっかり水を切ったお豆腐も投入
3.フライパンでカリカリに焼いた手羽先を入れ、ごま油を回し入れる
4.斜めに切ったネギを乗せて完成!

★お好みでキクラゲやきのこ、わかめ、卵などを入れても美味しいです。
定番のキムチスープは、フライパンでカリカリに焼き上げた手羽先が丸ごと入っています。

発酵食品であるキムチは美容にも最適ですよ。

タラとじゃがいものホクホクスープ

pattern_1
タラの切り身の程よい塩味と、バターの優しい甘味が絶妙にマッチした贅沢なスープ。
ローリエとマッシュルームの香りも最高です。

牛乳の代わりに豆乳を使えば、よりヘルシーに。
ポイントはじゃがいもを大きめに切ることです。
煮崩れも防止出来て、何より満足感がアップしますよ。
【材料】
タラ 2切れ
じゃがいも 小なら2つ、大なら1つ
マッシュルーム 5つほど
ほうれん草 2株
玉ねぎ 1/2個
水 1/2
豆乳or牛乳 1/2
バター 10g
ローリエ 1枚
顆粒鶏だしの素 大さじ2
(コンソメでも美味しいです)

※下準備 タラに塩を振り、5分ほど置く
1.鍋にバターを入れ、じゃがいもを透き通るまで炒める。途中で玉ねぎ、マッシュルームも入れる
2.水と豆乳、だしの素、ローリエを入れて中火で煮る。
3.ぐつぐつ煮だったら、水気を拭いたタラを入れ弱火で5〜7分煮る
4.別のお鍋でほうれん草を軽く茹でる。歯応えが残るくらいにしておく
5.必要に応じて塩胡椒で味付けして、しっかり水気を絞ったほうれん草を乗せ完成

pattern_1
本当に必要?と思われがちなローリエ。一枚入れるだけで、香りがグンとよくなりお料理もお店の味に近づきます。ぜひ入れてみてくださいね。
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ