withonlineロゴ
共働き編集長の「いいもの見つけた!」

【全身ほぼワークマン】コートも靴も3900円以下!ファッション誌のママ編集者が秋冬新作を着まわしレポ!

暮らし
こんにちは! withonlineと共働きwith編集長の岡本です。
今日はファッション編集者歴20年の私が、いまだかつて足を踏み入れたことの無かった「ワークマン」で、衝撃的に良い商品を見つけてしまったこと、そしてそれを使ってコーデを組んでみて思ったことを記事にしました!
 

機能よし、デザインよし、価格びっくり!編集者目線で私が選んだワークマンのお勧めアイテムはこの10点

それでは実際に編集者目線で選んだ商品とコーディネートについて詳しくご説明します!
ワークマン、圧倒的な商品数で、それこそ様々なテイストの商品があるのですが、アウトドアやスポーツ場面での良さは他の記事でもよく目にしますので、今回私はファッション編集者として、働く母として、日常のコーデにおしゃれに取り入れられるかどうか、という視点でアイテムを選んでいこうと思います!
pattern_1
左上:①「ZEROTECH」耐久撥水半袖Tシャツ ¥580/ワークマン 
ワークマンで買うべきアイテムまず一つ目はシンプルな白Tシャツ。
速乾、撥水、そして汚れが落ちやすい! サイドにスリット入りで、前身ごろが少し短くなっているのがおしゃれ。ゆるっと着たいのでメンズのMを。

右上:②ダブルフェイスビッグシルエットプルオーバー ¥1280/ワークマン
両サイドと左胸にポケットがあって、機能性もモード感も兼ね備えたプルオーバー。軽くて伸びてストレスフリーな一着。そしてまさかの1280円です。チャコール杢、サイズはメンズMです。

左下:③ストレッチフリース ノーカラージャケット ¥1500/ワークマン
驚くほど軽くてストレッチ性のあるふわふわフリース。ポケットとトリミングがいいアクセントになっています。1500円って・・・。これはオフ白と迷いに迷ってオリーブを選択。いや、でも白も可愛かったな・・・。メンズLです。

右下:④DIALIGHT コーチジャケット ¥2900/ワークマン
なんかもう、見るからに高機能な素材ですよ。防水性、耐久撥水性、高透湿性、防風性、すべてに優れた素材で、なおかつアウトドアにもシティユースにもイケるシンプルで洗練されたシルエット。選んだのはグリーンのLです。
pattern_1
左上:⑤レディース高撥水フーデットロングレイン ¥2900/ワークマン
耐水圧10000mmの本格レインコート。耐久撥水、防風、透湿、軽量。袖のマジックテープもファスナーも水を通しにくい作りにこだわっているのですが、背中のベンチレーションで熱はこもりにくいという完璧な気遣い。この品質でお値段2900円。

右上:⑥高撥水マウンテンパーカー ¥3900/ワークマン
すごくソフトな生地で着心地が良いのに耐久撥水加工で汚れも落ちやすく、アウトドアシーンにピッタリ。オーバーサイズシルエットなんですが、店頭ではかなり大きいサイズを選んでブカっと着るのが人気だとか。私はすっきり見える黒のLを選びました。

左下:⑦撥水2WAYポケッタブルライトトート ¥1900 ⑧ベーシックショルダーバッグ ¥1900/ワークマン
使いやすいサイズ感のシンプルなショルダーバッグと、大きめ容量で、機能満載の2WAYトートをチョイス。
この2WAYトート、リュックにもなって、さらにキャリーケース取り付けバンドも完備。しかもポケッタブル仕様でコンパクトに収納可能。旅行にも、ママバッグとしても最高です!

右下:⑨ファイングリップアーバン(ホワイト) ¥1900 ⑩防水サファリシューズ(ブラック) ¥1500/ワークマン
白いシューズはシュっと細身の究極にシンプルなデザイン。でも、実は雨の日でも滑りにくいソールを採用していて、ボディ部分も水に強い設計。黒いサファリシューズは完全に合成ゴムでできた長靴です。このおしゃれな見た目から想像できない防水性能を持っています。マークまで真っ黒なので、コーデしやすい! 共働きの母としては雨の日の子供のお迎えに、職場からそのまま行けるデザイン性の高さは有難いです! で、お値段まさかの1500円です。

コーディネートに使った手持ちの私服はたったこれだけ!

pattern_1
コーデに合わせた私物はこれだけ。ほとんどワークマンのアイテムだけで着まわすことが出来ました!
⑪サングラス/ビームス、ネックレス/ZARA、時計/カルティエ
⑫黒スキニー/ユニクロのハイライズスキニー
(このスキニーは好きすぎて過去に記事にもしているのでよかったらこちら是非見てください!)
次のページ>>これらのアイテムで着まわしに挑戦したらとんでもないことに!
50 件
カテゴリーの記事一覧
pattern_1

岡本朋子/with online編集長

この著者の全ての記事を読む

SHARE

AUTHORS