編集部|ライフスタイル

【仙台聖地めぐり】羽生結弦選手、北京冬季五輪お疲れさま!今だけ見られる等身大パネルやスイーツをご紹介!

皆さんこんにちは。

仙台在住のwith Lab エディターの松川莉穂です。

北京冬季五輪フィギュアスケート男子に出場し、全世界の方々を魅了した仙台市出身の羽生結弦選手。

同じ仙台市民としてとても誇らしく思います。

今回はそんな羽生選手に「お疲れさま」の気持ちを込めて、羽生選手を身近に感じることができるスポットをご紹介します。

コロナ禍でなかなか仙台に来ることが難しい方も写真を見て癒されてくださると嬉しいです。

羽生選手好きな人なら一度は訪れたい! 羽生選手の聖地巡り♡

まず最初にご紹介するのは、仙台市営地下鉄東西線・国際センター駅の駅前に設置されたモニュメント。
pattern_1
羽生選手のプログラムの中から「パリの散歩道」のポーズを表現したデザインと羽生選手と言えばな「SEIMEI」のポーズのデザインが設置されています。
pattern_1
pattern_1
モニュメントの横には、羽生選手と同じく仙台に住んでいた金メダリスト・荒川静香さんのプロフィールが記載された記念碑があります。
pattern_1
次のページ>>今だけ見られる、市役所のパネルとは!?
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ