ライフスタイル
宮本佳実「インスタフォロワー倍増プロジェクト」

フォロワー増のヒント満載!Instagramの基本ルールって?【インスタフォロワー倍増プロジェクト第7回】

アカウントのリーチを広げるためにできること

今の段階では、「表示を増やす=アカウントのリーチを広げる」ためにできることは以下の通り。※以下の方法で確実にリーチが広がるわけではありません。

①いいね!の初速で多く獲得する

投稿後すぐに「いいね!」がたくさんつくとリーチが広がります。そのためにもフォロワーがよくInstagramを見ている時間に投稿するようにしましょう。

②閲覧時間を延ばす

ひとつの投稿の閲覧時間が長いほどリーチが広がります。一投稿で最大10枚までカルーセルで写真を入れることできるので写真の枚数を増やす、または動画を投稿する、読み応えのある情報をテキストで入れる、などで閲覧時間が長くなりようにします。

③エンゲージメントをあげる

エンゲージメントとは、(いいね!+保存数+コメント数)をフォロワー数で割って100をかけたもの。この数値が高いほどリーチが広がります。ただ、こちらもさまざまな計算方法があるので、これに限りません。

④最低でも週4以上投稿

投稿が少ないとリーチは広がりません。この週4という数字は、Instagramのアカウントを開設するとInstagram側が提示するものなのです。まずはここを目安に投稿を続けましょう。

⑤ミドルハッシュタグで流入を増やす

100万件以上投稿のあるハッシュタグを使っても、自分の投稿はすぐに埋もれてしまってリーチにはつながりません。数万件、数千件程度のミドルハッシュタグと呼ばれるあたりのものをつけると、検索されたときにトップに表示される可能性があり、リーチが広がります。

たとえば「#ユニクロ」はすでに200万件近くありますが、「#ユニクロきれいめ部」なら5万件強、「#ユニクロ購入品」なら約4万件。同じユニクロのアイテムをあげるなら、「#ユニクロ」ではなく、「#ユニクロ購入品」とつけたほうがリーチが広がる可能性が高いのです。
pattern_1

リーチからフォローへつなげるためにできること

投稿を見てくれた人にフォロワーしてもらうためには、「他の投稿も見たい」と思わせなくてはいけません。そのためには、見た人にとって有益な情報があるかどうか。そしてその情報量が見やすく、適切な量か。いくら情報があっても、読みにくいのはNG。行間を空けるなどすることで読みやすさを心がけましょう。投稿する写真や動画も同じです。伝えたいことがちゃんとわかる写真や動画なのかチェックしましょう。

また投稿のカルーセルの最後にアカウント紹介カードを入れておくのもひとつの手です。最後まで見てくれたということは多少なりともあなたに興味がある証拠。そんな人に向けて、ダメ押しでアカウント紹介カードを作って入れておくとフォローされる可能性があがります。

当然のことですが、発信する情報の信頼度は必須。責任を持って投稿しましょう。次回以降詳しくお話ししますが、プロフィールに飛んできたときに、フィードの世界観が統一されていると見やすく、フォローにつながりやすいということがあります。また以前お話ししましたが、紹介文は、自分が誰で、どんな投稿をしているのかを完結にわかりやすく書きましょう。また紹介文は投稿内容の変化に合わせてつねにアップデートさせることも大切です。
次のページ>>フォロワー増には、伸びた投稿に寄せていくこと  
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ