ライフスタイル
「関西トレンド情報局!」 関西支局しまざきさん(girlsエディター)
28.Nov.2019

インスタ映え確実!京都の町家でアートのような【1mmモンブラン】を堪能♡ 和栗専門店「紗織(さをり)」

春夏秋冬、栗づくし!至極の丹波和栗モンブランが登場。

華麗に絞りだされる栗クリームを見つめながら待つ時間はあっという間。ついに、注文した2つの和栗スイーツが席にやってきました!
pattern_1

最高級丹波くり「紗(しゃ)」(2,200円+税)

まずは、このお店の看板メニュー、最高級丹波くりを使用したモンブラン「紗(しゃ)」。

ご覧の通り、一般的なモンブランに比べると圧倒的なボリューム感。

まずはこの大きさに圧倒され...外側を覆う、1mmに紡がれた栗のペーストを一口食べると、今度はその味わいにびっくり。

いわゆる「モンブランクリーム」ではなく、栗をそのまま剥いて味わっているかのような、ほっくりとした優しい味わい。栗本来の自然な甘みがしっかりと活きていて、スイーツだけど、和菓子のようでもあり、ときどき野菜のような味わいも感じられる...という、不思議なモンブラン。

極細に絞られた栗ペーストそのものを楽しんだ後は、中に隠れた、さっくさくのメレンゲやクリームと栗ペーストを一緒に堪能。

どんなに食べ進めても、栗ペーストが足りなくなる心配は無用です。
メレンゲ、クリーム、そしてドリンクとの相性も確かめながら、最高級の栗の美味しさを様々に味わう至福の時間。栗”だけ”でこんなにもお腹が満たされる贅沢なスイーツは、他に類を見ないのでは?というほどの、存在感ある一皿です。

ちなみに、モンブランといえば秋限定のスイーツという印象が強いのですが、こちらのお店では、一年を通して最高級丹波くりのモンブランと国産和栗のモンブランが楽しめるというから、栗好きさんにとってはたまらない一軒!
pattern_1

和栗と季節の果物のパフェ(2,300円+税)

続いてもう一つお味見したのは、こちらのパフェ。
栗は好きだけど、よりフルーティーなものも味わいたい!という方には、季節の果物と栗の美味しさが一度に味わえる「和栗と季節の果物パフェ」がおすすめ。

オープン時には、ご覧の「シャインマスカットと和栗のパフェ」でしたが、現在は冬が旬のりんごを使用したパフェが提供されています。

モンブランと同じく、栗のしっかりとしたまろやかさを残しつつ、生の果物の爽やかさや、パフェ中層部に隠れたやや酸味のあるジュレなどと合わさって、より軽やかなスイーツに仕上がっています。

まったりとした甘みのモンブランは濃厚な苦味のお抹茶を合わせて、軽い甘さのパフェには冷たいシャンパーニュとともに、というのが、おすすめしたいドリンクの組み合わせ。
pattern_1
他にも、冬に嬉しい、あたたかな白玉に和栗のクリームをたっぷりと乗せた「栗粉もち(1,600円+税)や、「和栗と季節の果物のタルト(2,000円+税)」など、栗を使った和スイーツが常時5〜6種類揃います。

鴨川が見える、町家の内装も京都らしい。

pattern_1
栗の美味しさを味わい尽くせるスイーツの美味しさはもちろんのこと、京都らしい町家の雰囲気を存分に活かした店内の雰囲気もまた素敵。

このように、カウンター席からも、奥の鴨川の景色が眺められました。
pattern_1
鴨川の景色をより近くで眺めたいなら、1Fソファ席へ。
pattern_1
トントンと階段を上がった2Fには...
pattern_1
ゆったりとしたソファ席やテーブル席が。落ち着いた雰囲気で、大人のデートにもぴったりな空間です。
pattern_1
もちろん2Fからも、窓からは鴨川の景色と緑がちらり。

抜群におしゃれなスイーツを、気取らないほっこりとした空間で味わえる場所って、意外とレアかもしれません。

朝イチで整理券を入手しよう!

オープン以来、連日大人気の「紗織」。お店のオープンは朝10時ですが、開店前9時頃から入店用の整理券が配布されるので、朝一でまずはこの整理券を手に入れておきましょう!

お店のあるエリアは周りにもショッピングや観光ができるスポットが盛りだくさんなので、入店までの時間も存分に京都観光が楽しめます。
京都でしか味わえない、この絶品モンブランをを求めて、ちょっぴり早起きしてみては?早起きした分のお楽しみが待っています♡

京都・四条「和栗専門 紗織」

 
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ