ライフスタイル
可愛いお金持ちになる大作戦♡
26.Sep.2018

宮本佳実の「#年収1000万ガール」になるまで 『優先すべきは“働き方”よりも“生き方”』【第2回】

可愛いままで起業できる!

こんばんは。ワークライフスタイリスト®の宮本佳実です。
今日は私の仕事のコンセプト『可愛いままで起業できる』ということを詳しくお伝えしたいと思います。
この『可愛いままで』って、どんなことだと思いますか? 私がみなさんに伝えている『可愛いままで』とは、具体的に言うと“自分のままで”“女性らしく”という意味です。
無理して違う自分になる必要なく、すごい人になろうとするのではなく、男性と肩を並べようとするのでもなく、女性であるいまの自分のそのままで起業するということ。
以前の私は「起業するなら徹夜してでも頑張らないと」「年収1000万円を稼ぐためなら休んではいられない」という気持ちで肩に力を入れてバリバリと働いていました。当時の私は毎日ぐったりしていて、家に帰る前にカフェで寝落ちしてしまったり、友達とお茶をする時間もないぐらいに仕事を詰め込んでいました。

当時の私の仕事について

私は24歳の頃から会社員と並行して司会のスクールに通い、ブライダルの司会の副業をしていました。その後、結婚を機に会社を退社。それからは司会者と、所属していた司会事務所のマネージャーを兼務していたので毎日があっという間。ブライダルのハイシーズンは月に2~3日しか休みがないほど忙しく働いていました。
どうして私がこんなに仕事を詰め込んでいたかといえば、司会者というのは人気商売。仕事がないことが不安でしたし、仕事があることこそが自分の価値のような気がしていたので、プライベートよりも仕事優先! 自分の手帳に仕事の予定がぎっしり埋められているのを見ると安心する反面、その予定をこなすことだけで息が切れるような毎日を送っていました。
あと3日働けば一日中寝ていられる……。休日だけが楽しみだったのに、その休日ですら、事務所のマネージャー業の方のクレームの対応や緊急の電話が鳴りやまず、着信があるたびにビクビク。当時の私は“キャリアウーマンはみんなこんな感じ”自分の人生が充実しているのだと疑うことすらありませんでした。

次のページ>>心も体も疲れ果てた4足の草鞋

34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ