withonlineロゴ
「主婦業9割削減宣言」

夜ご飯を作るのをやめてみたら、子どもの大事な話を聞けた。主婦業9割削減宣言⑨

暮らし
こんにちは。『主婦業9割削減宣言』唐仁原けいこです。

共働き家庭の平日の夜は、タイトなスケジュールになりがちですよね。我が家も平日の夕方以降はバタバタと過ごすのが当たり前になっていました。さらに長女が小学校に入ってからは、宿題はあるし、寝なければいけない時間は早まるしでますます忙しくなり、親子共に慣れない日々。慢性的な忙しさに疲れが溜まっていたある日、夜ご飯を作るのをやめてみたら、こんなことがあったんです。
 

ママ、あのね…

pattern_1
主婦業9割削減を目指すと決めて、食事関連の試行錯誤をしていたときのことです。

その日は、ミールキットや作り置きもなく、お弁当を買ってきて夜ご飯にすることにしました。ちょうどその日は、小学生の長女は習い事があり、家族とは別の時間に夕飯をとる日。週に一度のその時間に、普段私は夕飯の後片付けに追われていたのですが、その日はお弁当だったので片付けがありません。そこで、娘がお弁当を食べている横に座り、ビールとおつまみで一緒に晩酌を楽しむことにしました

特に私から色々と聞くこともなく、横に座っていただけなのですが、娘が突然、
「あのね...」
と、話し出したのです。その内容は、”学校で今こんなことに困っている、ママから先生に伝えてほしい”といったものでした。

当時、娘は学校に1人で行くことができず、毎朝教室まで送り届けていましたから、学校での悩みを娘から直接聞けるというのは、我が家にとってとても重要なことでした。普段の会話で「何かあった?」と聞いても本人も言葉にならないようで、なかなか答えられないことが多かったのですが、その日は隣でのんびり晩酌をしていたからか、自分から話を切り出してくれました
次のページ>>普段、平日の夜をどう過ごしていますか?
25 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS