withonlineロゴ
「主婦業9割削減宣言」

お金で時間を買う!ベストバイ家電3選〈食洗機編〉主婦業9割削減宣言⑦

家庭を会社に置き換えたら、無駄な作業は削減すべし

こんにちは。『主婦業9割削減宣言』唐仁原けいこです。

会社が業務効率化をすることは褒め称えられるのに、家庭内の作業を削減しようとすると手抜きと言われたりするのは何故でしょうか。
共働きが増えてきた今、手抜きじゃなくて効率化、業務改善を常に進化させていくのが家庭運営の肝。令和に生きる私たちは、家庭を小さな会社と考えて、AIや家電に頼れるところは頼りましょう!
ということで、お金で時間を買うベストバイ家電3選の2つ目、 今回は”食洗機”をお薦めします。
 

共働き三種の神器の中で、一番導入ハードルは高いけれど…

共働きの三種の神器と言えば<ドラム式洗濯機、食洗機、ロボット掃除機>と言われていますが、新築時やリフォーム時にビルトインで設置していない限り、導入ハードルが高いのが食洗機です。

しかしながら長年迷い続けていた読者の方が、『主婦業9割削減宣言』の書籍をきっかけに食洗機(置き型)を設置して、「今まで何で迷っていたのか、時間を巻き戻したい」という声も実際多いのです。
実際にキッチンにビルトインされていない限り、ただでさえスペースが足りないと感じることが多いキッチンにどーーーんと食洗機を置くことになりますので、そこに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ただ、私たちがほぼ毎日繰り返している食器洗いの時間コストを考えると、早々に導入した方が良いアイテムだと感じます。家族分の食器洗いは骨の折れる作業であり、仕事で疲れた身体にトドメの大仕事。
5人分の食器や鍋を自分の手で洗い、排水溝まで仕上げるとなると1時間弱の大仕事に。毎日げんなりするくらいなら、食器洗いだけでも家電にお願いする方が家庭内平和ですね。

キッチンのスペースが足りなくなるのが心配という方も、以前、食事の手間を削減するという記事でご紹介したような方法を取り入れて料理するようになるとキッチンの使用スペースも削減できますよ。
次のページ>>自分で洗ってしまうのと、食洗機ではどちらが早い?
29 件
pattern_1

唐仁原けいこ

「主婦業9割削減宣言」を連載中。家事と育児と仕事のバランスを読者の皆さんと考え直えしていきます。

この著者の全ての記事を読む

AUTHORS