withonlineロゴ
「主婦業9割削減宣言」

「仕事×育児×家事、全部まじめにやるのは無理です!」主婦業9割削減宣言①

#ズボラ家事#死なせない育児、そして#主婦業9割削減。最近、SNSで話題になるキーワードには妻や母の切実な想いがあふれています。
コロナ禍で変化に迫られているのは、働き方や学び方だけではありません。どんな有事でもやるのが当たり前と見なされてきた主婦業だって、限界なんです!
2020年に開設したばかりの『主婦業9割削減を目指すブログ』がたちまち話題になった唐仁原けいこさんと一緒に、本気で家事と育児と仕事のバランスを考え直す連載スタートです。

仕事じゃなくて、主婦業を削減する選択

こんにちは『主婦業9割削減宣言』の著者、唐仁原けいこです。
私は3人の育児(8、5、2歳)をしながら、在宅でフリーランスの仕事をしています。夫婦で結婚相談所を運営していたり、セミナー企画や執筆、ブログ運営など。

まずは、 私がなぜこの「主婦業9割削減」という取り組みをはじめたのかを書かせてください。
私は独身時代から働くことが好きで、結婚後もあれこれカタチを変えながらお仕事をしてきました。
フリーランスな分、時間の融通はききますが、いわゆる産休、育休があるというわけではありません。
3人目の妊娠中に切迫早産で4ヵ月間近く動けなくなり、 仕事はスマホでできる最低限になったまま、出産、産後を迎えました。
3人目の子どもは生後11ヵ月で保育園に入れる予定でしたが、 仕事の本格再開を待ちわびていた頃に訪れたのが、コロナ禍での全国一斉休校(休園)。
しだいに完全に家事育児にキャパオーバーな状態になっていきました。育児と家事に追われて、仕事なんてほんのちょっと。それでもやらなきゃいけないことだけで1日が終わってしまう。タスクが多すぎて、夫や子どもに言いすぎてしまい、家庭内のムードはどんどん悪くなっていきました。
pattern_1
5人家族です。主婦業削減してから、家族関係が良い方向に変わりました。
 

どうすれば仕事と家事を両立できるのか……


完全に疲弊して、
「こんな状況で仕事を本格的に再開していけるのだろうか」
そう真剣に悩んだのが「主婦業9割削減を目指す」きっかけです。
多くのワーキングマザーが経験しているであろう、 両立の壁に真剣に悩みました。

どうすれば仕事と家事を両立できるのか……。
悩んだ末に出した結論が 「主婦業の9割削減を目指す!」ということ。

理由は、主婦業はそんなに好きじゃないけど、仕事することは好きだったから。

主婦業はやめられないと思い込んでいたけど、仕事を一緒にしている方から
「仕方なくやり続けるのは思考停止、どうやったらやめれらるかを考える方がクリエイティブ」
「嫌なこと頑張るなんて社会悪、もっと好きなことで頑張って社会に貢献して」
そんな衝撃的な助言をいただいて、背中を押され、主婦業を削減していく決意をしたのです。
次のページ>>思いっきり仕事ができないストレス、ありませんか?
30 件
pattern_1

唐仁原けいこ

「主婦業9割削減宣言」を連載中。家事と育児と仕事のバランスを読者の皆さんと考え直えしていきます。

この著者の全ての記事を読む

AUTHORS