ライフスタイル
注目のwith girls
15.May.2019

能見真優華の"これまで"と"これから"②ーwith girlsになってよかったことー

Instagramのフォロワーは33万人超え、with girls アンバサダーとして絶大な人気を誇る「にょみちゃん」こと、 能見真優華さんがこの春大学を卒業。医師としての道を歩み始める彼女の、"これまで"と"これから"に迫った。全4回にわたってお届けします。第2回目はアンバサダーとして活躍した「with girls」としての思い出、学んだことについてインタビューしました。

with girlsになったことで、外の世界に出ていく恐怖心がなくなった

pattern_1
医学部って実はとても狭い世界で、特に私の大学は外との繋がりがあまりなく孤立していました。だから自分から外の世界に出ていかないと、学内にしか人脈が広がらないんです。それってすごく怖いことですし、何より自分の可能性を狭めてしまうと思っていました。だからwith girlsに応募してみましたし、読者モデルもやってみました。

withではファッションや美容の企画を通じて、スタイリストさんやヘアメイクさんなど、色んな職種の方と出会えたことが刺激的でした。また大学以外にも友達ができ、新しい世界を見ることができて本当に嬉しかったんです。

withでの1番の思い出は2017年のWedding Campです

新しいwith girlsTOP7発表も兼ねて行われた「Wedding Camp」が私にとって1番の思い出です。憧れていた佐々木希さんと同じステージに立てたことが何より嬉しかったです。あとは新しいwith girlsと知り合えたことも私にとっては貴重な機会でした。
次のページ>>with girlsの活動を通して学んだことって?
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ