ライフスタイル
ライフスタイルニュース

コロナ禍で“家族”との絆は変化した? どんなときに会いたくなる?働く女子に家族への本音を聞いてみたら…

働く女子の【家族】に関するリアルDATA

今回は“家族”についての6つの質問を、働く女子にアンケート。「おはようおやすみありがとう」何気ない挨拶を直接交わせることが、どれほど幸せかを痛感する毎日。心の内と外に、そっと確かにいる家族。最近元気にやってますか?
pattern_1

Q1. コロナ禍において家族の絆は深まったと感じますか

深まった……38
変わらない……34%
少し深まった……26%

浅くなった……2%

\どんな時に家族と会いたくなりますか?/

■美味しいものを食べたとき(看護・27歳)
■仕事の疲れが溜まった帰り道(介護・30歳)
■コロナで生まれた家族との“程よい距離感”。辛い時素直に会いたいという気持ちになりました。(販売・29歳)

Q2. コロナ禍における家族とは

・会えなくても側にいる一番の味方
・ともに毎日を闘うチーム
・どこからでも戻れる、私の帰る場所

Q3. 現在ともに暮らしている家族を教えてください。(複数回答)

pattern_1

Q4. コロナ禍の帰省どうしていますか?

pattern_1
次のページ>>家族の嫌なところは?  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ