ライフスタイル
ライフスタイルニュース
23.Jun.2020

【アフターコロナの働き方はどう変わる?】「自分のタイムラインで自己分析をすると、副業の種が見つかるかも」これからのオンライン仕事術

大学生時代から人気ブロガーとして知られ、現在も人気書籍を多数出版するなどして活躍し続けるはあちゅうさん。2018年にはしみけんさんとの事実婚を発表し、翌年には第一子を出産。働く女性として、母として、インターネット界の第一線で発信し続けるはあちゅうさんにZoomでインタビュー!オンラインでのやりとりが増えるこれからの時代、「仕事がデキる人」の定義はこれまでとどう変わる?アフターコロナの働き方について、お聞きしました。

「働き方の選択肢が増えて、いい時代になる」と、私はポジティブに見ています」

在宅勤務が増えたり、対面での打ち合わせが減ったり、営業がオンライン化されたりなど、日本のOLのアフターコロナの働き方は、これまでとどう変わることが考えられますか?

まず、すごく辛かった「通勤ラッシュ」が減るのではないでしょうか。なぜならこれを機に「毎日通勤する必要があるのか?」という議論がされ始め、出勤時間がもっとフレキシブルになると思うんです。週に何回か通勤してコミュニケーションを取り、普段の作業は家でするようになる。オフィスが“作業の場”から“コミュニケーションの場”になっていくんです。だから通勤の必要性が一切なくなるということはないけれど、毎日ギュウギュウの満員電車に乗って定時に会社に行く、という働き方が一気になくなる可能性があると思います。

それに加え、これまでは業績が安定していた大企業が、今年の新社員採用を見送るなどしていっぱいいっぱいになっている。そんな中で「ひとつの会社に人生を託すという時代は、本当に終わるんだな」と感じました。なので、いろんな副業の選択肢を持っておくということがスタンダードになっていくのかなと思っています。

今まで副業をやる人って何かやりたいことがあったり、独立する目標があったりする人で、なんとなく特別視されていたと思うんです。今後はそうではなくて、みんなナチュラルに副業をする。「副業」と言っても難しいものではなく、メルカリで服を売るとか、ハンドメイドのものを売るとか、そういうものでもいい。スキルを何か一つでも持っておくと「デスクワークができない」「オフィスに行けない」となった時でもお仕事ができるので、妊娠や出産のことも考えるならなおさら、働く女性の選択肢としては幅が広がっていい方向にいくと思います。

副業になり得る「“好き”の種」は、自分のタイムライン上に落ちているはず!」

週5日で働きながら副業を視野に入れるというのはなかなか大変なことに感じます。副業を始めるための第一歩としては何ができるでしょうか? 

一番簡単にできるのはSNSの活用で、自分のSNSのタイムラインに結構ヒントが落ちているんじゃないかなと思います。普段何気なく投稿していても、例えば「私はコスメと食べ物に関する投稿が多いな」などと気付くことがあるはず。自粛期間中は特に、作った料理やお花の写真をあげている人、めちゃくちゃウーバーイーツする人、人気レストランのテイクアウトを取り入れていた人など、いろんな人がいたと思うんです。いつもより暇な時間が増えたときに、その時間を何に使っていたのか。読書に使っていたのか、それとも映画なのか。そこでわかったりすると思うんです。

自分のここ数ヶ月間のタイムラインに落ちている「“好き”の種」を見つけて、例えばそれが映画だとしたら、「これまではただ観るだけだったけど、評価を書いてみようかな?」で、いいのです。「じゃあそこにアマゾンのアフィリエイトをくっつけてみよう」となれば、それは立派な副業。これまではただ消費していたものを「生産できるかどうか?」という目線で見てみるのがおすすめです。

そうやって好きなことを仕事にできるのは素敵ですね!

副業となると、そういう「自分の好きなことをちょっとお金にしてみる」というところから始めるのがいいと思うんです。なので、「自分の好きなことが何か」というのを改めて分析して、「これって何かお金稼げるかな?」というところから始めてみてください。

日頃からSNSを活用してログを貯めておくと、そんな風に役立つことがあるのですね。

友達とのLINEとか、ヒントはいろんなところに落ちています。それに、外出自粛期間は自分の関心がどこにあったのかを見つめ直す良い機会だったと思います。ずっとニュースを見ていた人は、「自分って意外と政治に関心があったんだな」「社会の動きが気になるんだな」「生産者を助けたいと思うんだな」などと気付いたりして。そうやって、これまではあまり見えていなかった自分の特性みたいなものが見えかかっている人は多いと思うので、そこにもう一歩足を深くつっこんでみることによって副業の種が芽生えると思います。 
次のページ>>「テキストでのコミュニケーション力は、これからもっと必要とされるスキル」
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ