ライフスタイル
ライフスタイルニュース
02.Nov.2019

【古市憲寿 結婚の正体をさがして】LiLiCoさんにインタビュー!ハードルが高そうな“国際結婚”や“晩婚” で幸せになる秘訣とは?

“国際結婚”や“晩婚”ってハードルが高そう。 幸せになる秘訣とは?

社会学者の古市憲寿さんが、世の女子を悩ませる"結婚"の正体を暴く!? 今回はLiLiCoさんにインタビュー! アグレッシブな人生を歩んできた女性の結婚観とは?
pattern_1
【LiLiCo】
1970年11月16日、スウェーデン生まれ。18歳で来日し、1989年より芸能活動をスタート。映画コメンテーター、タレントとして幅広く活躍中。

2018年4月、純烈メンバーの小田井涼平さんと2017年に婚姻届を出していたことを発表。著書『遅咲きも晩婚もHappyに変えて 北欧マインドの暮らし』が発売中。

人生は何が起こるか分からない。そういうもんよ!

LiLiCoさん(以下・L)「古市さん、結婚に興味ないでしょ?そんな顔してるもん!(笑)」

古市さん(以下・古)「そうなんです。この連載を続けていれば、いつか興味が出てくるのかと思っているのですが」

L「まあ、そもそも私も結婚願望なかったの。故郷のスウェーデンには、結婚していないカップルに婚姻している夫婦同様の権利を与えるサンボという制度があるのね。未婚で子どもを育てている女性がたくさんいるし、結婚する必要がないというか」

古「日本人とは結婚観が大きく違うんですね。それでも結婚したということは、旦那さんとの出会いが衝撃的だったということ?」

L「うん。『ノンストップ!』の収録で初めて彼の映像を見たときに『将来の旦那がいる!』と思って。実際に出会ったばかりの頃から、お互いに結婚を意識していて。本当に、人生は何が起こるか分からない。そういうもんよ!」

古「結婚式はスウェーデンの教会で挙げたんですよね。やっぱり国際結婚って大変ですか?」

L「私たちの場合は〝国際結婚〞に加えて、お互いに40代後半の〝晩婚〞という要素もあるから。お互いの親がほとんど会わないままいなくなってしまう可能性があって。そこが唯一の悲しいところかな。だから私は、『世界ふしぎ発見!』に結婚式の様子を密着してもらいました。放送を見れば、現地に来れなかった彼の家族にも楽しんでもらえるかなと」
次のページ>>失敗しても大丈夫! くらいのスタンスが幸せのカギ
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ