ライフスタイル
ライフスタイルニュース
20.Oct.2018

“好きを仕事にする”方法教えます -副業?起業?私たちの働き方改革ー

“好きを仕事にする”を憧れで終わらせない!

今の仕事に満足はしている。けれど、本当に好きなことを仕事にできたら、毎日がもっと輝いてくるかもしれない。そこで、〝好きを仕事にする〟を叶えた人たちを大調査!〝その一歩〟を踏み出せた勇気の秘密を教えてもらいました。

まずはwith読者100人に聞きました!

Q:今の仕事に満足していますか?

pattern_1
【現状にそこまで不満はないけれど】
仕事は生活の大半を占めるもの。だからこそ、自分に本当にあっているか、やりたいことかどうか、きちんと考えて仕事を選んでいる人が多いよう。だから、やりがいも手ごたえも感じている。みんな意識が高い!

with girl's voice

♦職場の人間関係がいい。みなさん優しくて、基本的に上下関係なく、自分の意見を言いやすい環境です。
with girls 森下瑛里子さん(33歳・IT会社勤務)

♦治療を必要とする新生児の看護をしています。元気になって退院していく赤ちゃんを見ると癒やされます。
with girls 児島杏奈さん(28歳・看護師)

Q:副業や起業に興味はありますか?

pattern_1
【どう始めたらいいのかがわからない!】
今の仕事に満足しているけれど、9割近くの人が副業や起業に興味があるという結果に!でも、具体的にどうしたらいいかわからない、忙しすぎて時間がない、会社がそもそも許可していない、などなどハードルはいろいろ。

with girl's voice

♦韓国または中国から製品を仕入れてセレクトショップをオープンさせたい。でも語学力不足で決断できず……。
with girls 秋本美貴さん(27歳・歯科衛生士)

♦化粧品のEC販売を始めたいけれど、立ち上げるための資金や成功する保証もないので踏み切れない。
with girls 石井飛鳥さん(24歳・会社員)

実際に“好き”を仕事にした人に聞きました!

Q:実現した理由は何だと思いますか?

【運、行動力、勇気!】
「勢いでスタートした」という人も多数。ともかく新たな一歩を踏み出す勇気が大事ですよ、とも。始めてみなければわからないこともあるし、いつかは……と迷っていると、運を逃してしまうこともあるので、現在の仕事があっての副業だったら、両立できそうと思えば気軽に始めてみても。

Q:これから”好き”を仕事にしたい人たちへアドバイスを!

♦やった後悔よりやらない後悔のほうが大きいはず。まずは行動あるのみ! スキルは後からついてきます。
with girls 末本美乃里さん(27歳・整骨院経営)

♦今は便利なツールがあるので、ノリで始めて嫌ならやめるくらいゆるい気持ちでスタートしてもいいのかも。
with girls editor 島崎レイコさん(31歳・会社員)

with girls editor 佐藤直美さんの場合

pattern_1
『エディターの経験が生きた!』
with girls エディターという経験が、自分にとって大きな自信につながっています。SNSやインス
タグラムをこまめに発信していたら、その記事が注目されて、この秋から市町村が連携して立ち上げた観光関連のwebサイトでライターを始めることになりました!

あの人たちも“好き”を仕事に!

憧れのあの女性たちも"好き" を叶えたから輝いている!石井美保さんは主婦からまつ毛サロンオーナー、美容家へ。滝沢眞規子さんは3児の母から人気モデルに。はあちゅうさんは広告代理店勤務からブロガーを本職に。ゆうこすさんはアイドルからモテクリエイターへ転身!年齢も前職も、やりたいことの前には関係なし!

次ページ≫“好き”を仕事にした6人に密着!

143 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ