ライフスタイル
ライフスタイルニュース
16.Sep.2018

【古市憲寿さんが回答】タバコがやめられない!&ランチミーティングの意義って??

歯に衣を着せぬ物言いで話題の古市さんは、社会学者&ニュース番組にも出演する気鋭の論客。大好評につき、迷えるwith読者と直接、対面! ズバッとアドバイスしてもらいます!今回は、健康と仕事に関するお悩み。

pattern_1

世の中は禁煙ブーム!タバコが止められない私はダメ人間なの?

肌荒れの改善や節約のために禁煙に挑戦しても、すぐに挫折。意志の弱い自分が情けなくて自己嫌悪に……。きっぱりタバコを止める方法ないですか?

(IT業界・Tさん・27歳)

回答 愚かでもいいんじゃない?

古市さん(以下・古) タバコ、無理して止める必要ないと思うな。どんどん吸っちゃえばいいのに。

Tさん(以下・T) え、もしかして古市さんも喫煙者ですか?

古 僕はまったく吸わないけど、別に喫煙は法律違反じゃないんだし。

T でも、会社でお昼休みに喫煙室に行こうとすると健康オタクの同僚から蔑むような目で見られるんですよ。肌荒れも治したいし、禁煙に成功すれば新しい自分に生まれ変われる気がするんですよね。

古 いや、禁煙のストレスで過食に走って太る人も多いよね?人は何かを止めれば人生が好転すると思いがちだけども、禁煙したところで全ての悩みが解決するとは限らない。肌荒れだって、タバコではなく睡眠不足やストレスが原因かもしれないし。もちろん、Tさんが本気でタバコを止めたいなら根気よく禁煙外来に通うのもひとつの手段。

T 正直、私にとって喫煙は至福の時間なんですけど、社会は喫煙者を迫害しようとしているじゃないですか!会社でも飲食店でも、肩身が狭いを思いしながらタバコを吸わなきゃいけないのが辛くて……。

古 だったら、他者に配慮して堂々と吸えばいいんじゃないかな。嫌な人の前では吸わないとか。他人に迷惑をかけないようにマナーを守るのは大前提だけど、近代社会において人間には愚行権(※1)があると考えられています。タバコにしろ、お酒にしろ、他人からは愚かに見られるような行為をする自由があるということ。そもそも、僕は依存性のある嗜好品が次々と排除されるような世界が幸せだとは思わないな。

T そうですね。てか、てっきり禁煙できない意志の弱さをダメ出しされると思っていたんですが、まさか古市さんに擁護してもらえるとは思いませんでした。

古 かくいう僕も、チョコレートの依存症なので(笑)。自宅ではチョコばかり食べていますから。おかげで虫歯になりやすくて。

T それも、なかなか愚かな生活習慣ですよね(笑)。

古 いまはWHOが世界中で禁煙ムーブメントを主導しているけど、中毒性でいえば砂糖も負けていない。肥満にもなりやすいし、虫歯も作る。次はWHOが砂糖を排除する方向に動いてもおかしくない。そうなっても、僕は悩まずチョコを食べ続けると思うけどね。基本は、自己判断と自己責任だよ。

T よし! 私も開き直ってタバコを吸い続けようかな。

(※1)愚行権 1859年にイギリスの哲学者ジョン・スチュアート・ミルが著作のなかで唱えた概念。現代社会では主に喫煙、飲酒、ギャンブルなどの「個人の自由」を論じる際のキーワードとして使われることが多い。
pattern_1

次ページ≫続いてのお悩みは、ランチミーティングが面倒くさい!

19 件

キーワード

あなたへのおすすめ