withonlineロゴ
ライフスタイルニュース

共働き家庭が今買うべき“新三種の神器” で、毎日をより楽しく、快適に! 後編【家電ラボvol.2】

暮らし

加湿器はお手入れが簡単な大容量タイプがおすすめ

ウイルスは乾燥すると活発になり、感染しやすくなります。冬になると、風邪やインフルエンザが流行するのもそのため。加湿器は秋から冬にかけて使用する季節家電とされていましたが、コロナ禍以降は4~7月も売り上げが伸びています。通常はシーズンオフといわれている時期でも増加している理由は、エアコンの乾燥対策として使用する方が増えていること、また、本格的な乾燥シーズンには売り切れてしまうことが多いため、シーズン前に購入するという方も。いざ購入しようとしたら、人気モデルが売り切れということもあるので、早めに調べて準備しておきましょう。
pattern_1
ダイニチ工業の加湿器はパワフルで音も静か。

加湿器のおすすめはダイニチ工業のLXシリーズ。石油ストーブや加湿器では高いシェアを誇る会社で、高い加湿力と静かさ、お手入れのしやすさで定評があります。水を含んだフィルターに風または温風をあてて加湿するハイブリッド式(気化式+温風気化式)を採用しており、水が熱くならず、急速に加湿できます。
一定の湿度になると止まるセンサーや大容量のタンクは頻繁に補充する必要がないので使い勝手も抜群。我が家は一戸建てで乾燥しやすく、冬は悩んでいましたが、こちらを使用するとしっかり湿度が上がるので愛用しています。
pattern_1
1シーズン使ったら、カバーを交換。清潔に使い続けることができます。

清潔な加湿をキープするためにはメンテナンスが大事ですが、使い捨ての「カンタン取替えトレイカバー」を採用しており、トレイのメンテナンスも簡単です。水を使う家電はお手入れを怠るとぬめりなどが発生し、そのまま吸い込むと健康にもよくないので、こまめに点検しましょう。
 

コロナ禍で大人気、その他の家電は?

ウィズコロナの生活はまだまだ続くといわれています。ニューノーマル時代では、少しでも家の中のストレスを減らしたいですよね。家電を上手に使えば家事にかかわる時間が大幅に減らすこともできます。

また、本格的なパンを焼けるホームベーカリーや家族で調理できるホットプレートなど、日々の生活がちょっと潤う家電も大人気。家電を見直すきっかけにもなったコロナ禍。気になる家電をぜひチェックしてください。

PROFILE

【石井和美】家電ラボ主宰・家電プロレビュアー
白物家電や日用品などを中心にレビュー歴15年以上。「家電やりすぎ比較レビュー」など、消費者目線のレビューが支持される。家電をレビューするために、茨城県守谷市に一戸建てタイプ「家電ラボ」を開設してしまうほどの家電オタク。既婚、一男一女の母でもある。https://kaden-blog.net/
45 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS