ライフスタイル
ライフスタイルニュース
01.Mar.2020

【東京の絶品オムライス20選】正統派からふわとろ系まで、一度は食べたいおすすめ店

老舗店からインスタ映えのカフェまで! 都内で人気のオムライス店【20選】

今回ご紹介するのは、幅広い世代に愛され続ける、洋食を代表するメニューの「オムライス」! ノスタルジーを感じる老舗店のオムライスから、イマドキのインスタ映えするカフェのオムライスまで、都内のおすすめ20店舗をお届けします♪

\ご紹介するのはこちら/

①洋食 三浦亭/武蔵関

pattern_1
カウンター6席のみで、ご主人がお一人で切り盛りしている「洋食 三浦亭」で味わえるのは、コクのきいたデミグラスソースがたまらない絶品オムライス。チキンライスの具材は、鶏肉と玉ねぎのみ。それをバターが香る卵でくるんだ昔ながらのスタイル! 深みのあるビターなデミグラスが、美味しさを後押しします♪ 最後まで卵とライスがばらけない、レトロなビジュアルとバランスの良さはおみごと!

②資生堂パーラー/銀座

pattern_1
資生堂パーラーのオムライスは、数多くの文豪や文化人たちを虜にしてきた、伝統的で欠かせないメニューのひとつ。ムースのようにきめ細かなオムレツが、具だくさんのこだわりチキンライスを優しく包み込み、フォルムの美しさも兼ね備えています。鶏ガラを煮出したフォン・ド・ヴォライユから作られるトマトソースは、スタッフがテーブルでかけてくれます。舌触りがなめらかでコクのあるオムレツとチキンライスのコンビネーションは、一度食べて欲しい逸品です。

③レストラン吾妻/本所吾妻橋

pattern_1
1913年創業の老舗洋食店「レストラン吾妻」は、看板メニューのオムライスをはじめ、どのメニューも明治の頃からの作り方を継承し続けている貴重なお店。自家製ラードで炒めたポークライスケが到着したら、席で店主が成形し半生のオムレツをのせ、最後にオムレツをぱっかりと開いてくれる実演付き! デミグラスソースのほどよい酸味、チーズやバターの香るトロトロなオムレツとコクのあるポークライスは、まさに三位一体のクセになる美味しさ! 上質素材で手間暇かけて作った至高のオムライスをぜひご堪能あれ。

④麻布食堂/広尾

pattern_1
地下鉄広尾駅の3番出口から北へ徒歩12分ほど、ビルの地下1階にある洋食店「麻布食堂」。こちらのオムライスは、ソースがケチャップのほかにデミソース、ホワイトソースから選べます。端までしっかり巻かれた王道のオムライスは、まさにプロの技! 卵は味付けしておらず、素材本来の甘みがそれぞれのソースと絡まると個性の違う味わいになってきます。たっぷりとかかったホワイトソースは、味付けされたライスに負けないくらい濃厚な仕上がりで、柔らかいソースの味わいをぴりっと引き締めるためのパプリカパウダーがいいアクセントに。濃厚でも重たくなりすぎないホワイトソースはここならでは♪

⑤煉瓦亭/銀座

pattern_1
1895年創業の「煉瓦亭」は、日本に数々の洋食料理を広めた名店。ここのオムライスは、溶き卵に具材・ライスを混ぜてからふわふわなオムレツ型に仕上げているのが特徴の「元祖オムライス」。フライパンに入れてから超短時間で成形するので、卵が固まりすぎずやわらかな食感になるんだとか。とろ~りごはんが甘酸っぱいケチャップと混ざり、口の中で半熟オムライスが完成するんです。家ではマネできない、老舗の美味しさを味わってみて。
次のページ>>老若男女問わず愛される老舗「たいめいけん/日本橋」  
100 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ