ライフスタイル
ライフスタイルニュース

え、嘘でしょ!?「デンタルIQチェッカー」を試したりっかと創介の決意とは?【rikkaの恋愛メモランダム番外編】[PR]

PR/日本歯科医師会

11月8日は「いい歯」の日! でも、忙しい日々の中で、肌や髪に比べて「歯とお口」のお手入れが後回しになっていませんか?
歯とお口の中の健康への意識・関心度や、その人のなかでの重要度を表す、「デンタルIQ」という言葉があるのですが、
実は日本人のデンタルIQは、諸外国に比べて低めなのだとか…!
むし歯になってから歯医者に行くのではもう遅い! 定期的な歯科健診が必須ですが、まずは日本歯科医師会の「デンタルIQチェッカー」で自分のデンタルIQを知る事から始めてみては?

そこで、今回は自分のデンタルIQが分かる、「デンタルIQチェッカー」を、with onlineの人気漫画「rikkaの恋愛メモランダム」との特別コラボでご紹介します!

「デンタルIQチェッカー」×「rikkaの恋愛メモランダム」

創介くんと一緒に食事に来たりっか。そこで、とっても素敵な老夫婦を見かけて…。

▼横スワイプしてね▼

4人に3人が「若いときからもっと歯に気を付けていれば良かった」と思っていた!

2018年に日本歯科医師会が行った、歯科医療に関する意識調査によると、「これまでの人生を振り返って、もっと早くから、歯の健診や治療をしておけばよかったと思いますか」という設問に対して、およそ4人に3人が「そう思う」と回答したのだそう! その中でも男性よりも女性の方が後悔している傾向が強く、もっと若いころから歯の健康を意識していればよかったと思っているようです。
歳をとってからも、健康で綺麗な「自分の歯」でいるために、若いうちから「健口」への意識を高めることが大事だと分かります。

歯の健診・治療での後悔

pattern_1
出典:日本歯科医師会「歯科医療に関する一般生活者意識調査(2018)」

「デンタルIQ」とは…?

知能指数を表す「IQ」という言葉は、よく耳にすると思います。ただ、「デンタルIQ」は、実は、知能指数とは紐づかない言葉なんだそう!

分かりやすく言うと、「デンタルIQ=その人にとっての歯と口への意識・関心度」。

歯とお口の健康について、どのくらい大切に考えられているかということを示す言葉なんです。

歯やお口の健康に対しての意識や関心を高め、その健康を保つための行動をしている人ほど、「デンタルIQ」が高い人。

歯とお口の健康は、、体全体の健康にも関わってくるので、正しい知識を身につけて、健康的な口腔環境を保ちましょう!

あなたの歯やお口に対する意識はどれくらい? 「デンタルIQチェッカー」

『「いい歯は毎日を元気に」プロジェクト』のサイトでは、自分のデンタルIQが分かる『デンタルIQチェッカー』を公開中。
歯とお口の健康に関する意識・関心などへの設問と、それに伴う自分の行動に関する質問に答えるだけで、自分のデンタルIQが3段階で診断できます。解答方法は〇×の選択式なので、お手軽に挑戦できますよ!

ではここで、その質問内容をちょっとだけご紹介。あなたはいくつ分かりますか?

Q むし歯には痛みなく進行するものがある
a) 〇 b)×

Q 気づかないうちに進行する歯周病は、国民の約5割がかかっている
a) 〇 b)×

Q 口臭を引き起こす原因として大きな割合を占めるのは、歯周病である
a) 〇 b)×

\気になる答えは「デンタルIQチェッカー」で!/

\“今”の歯とお口の健康状態を知りたいなら/

提供/日本歯科医師会
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ