ライフスタイル
ライフスタイルニュース
04.Dec.2020

【こんまり×Keiko緊急対談vol.1】「今の仕事でいいの?」――仕事に対して不満を抱いたときすべきこと

新月・満月を使った願望達成法「パワーウィッシュ」、天賦の才能やギフトを見極める「月星座」メソッドで大人気の占星術師Keikoさん。実は、「ときめく片づけ」で世界中から絶大な支持を得ているこんまりこと、近藤麻理恵さんとは、旧知の間柄なのです。
きっかけは、近藤さんがKeikoさんの著書を読んで「パワーウィッシュ」を実践中だったこと。

お二人とも自身のメソッドが海外で評価され、読者の人生をより豊かな状態に変えていくという最終目標まで同じ。もしかして、「ときめく片づけ」と「パワーウィッシュ」には大きな相乗効果、メリットがあるのかも……!? ということで、これまでの価値観が大きく変化している今、お二人のメソッドを人生にダブル活用するための緊急対談が実現しました!

風の時代に運がいい=判断が速いこと

pattern_1
©︎KonMari Media, Inc.
Keikoさん(以下、Keiko):麻理恵ちゃん、お久しぶりです! 新刊『Joy at work片づけでときめく働き方を手に入れる』、面白くてあっという間に読みました。麻理恵ちゃんは、“ときめき”という感覚判断を片づけのベースにしているじゃない? 新刊は仕事についての著書だったけれど、ときめきの判断基準を仕事においても取り入れるのは、おおいに働く女性の参考になりそうだと感じました。

近藤麻理恵さん(以下、こんまり):Keikoさん、ありがとうございます。ときめくかときめかないでモノを選んで片づけていくと、人生のあらゆる選択肢に対して「自分にとってときめくかどうか」を判断するセンスが自然と磨かれていきます。その結果、家やワークスペースはもちろん、メールボックスなどデジタルデータなどの仕事に関するあらゆるものを片づけた後に、会社を辞めて起業したり、転職をしたりする人も多いですね。

Keiko:ときめくものが残る、つまり自分の人生に必要なものが残る。自然に選ぶ能力がついてくるということね。私は麻理恵ちゃんがいうところの「ときめき」を「五感」という言葉で表現することが多いのだけど。頭で考えるのではなくて、五感を使って選んでほしいとブログや本でずっと伝えてきました。特に、「風の時代」に入ると、これまで以上にあらゆることがスピーディに展開していくので、瞬時に取捨選択をしていかないと運についていけなくなってくるの。

こんまり:そうなんですね。片づけにおいて「ときめく/ときめかない」の取捨選択を瞬時にするためのポイントは、必ずモノに“触ること”なんです。触ったときに、身体の感覚がキュン↑となるか、ズン↓となるか。身体の細胞の上がり下がりを感じながら、選ぶんです。絶対に見ただけでは選べませんよと、こんまりメソッドではお伝えしています。いろんな五感を使いながらときめくものを選ぶことが、片づけなんです。

Keiko:素晴らしい説得力。五感のなかで、人それぞれアンテナが敏感で発達しているものは違うじゃない? 視覚がいちばんという人もいれば、聴覚重視だったり、調香師の方なんかは嗅覚だったり。いろんなシーンで得意な五感を使っていくことが、幸せに直結することは間違いない。私自身、いちばん敏感なのは触覚だから、「触るとわかる」という麻理恵ちゃんのメソッドはすごく納得できます。ちなみに、相性の良し悪しだって五感でわかるし、将来付き合うかもしれない相手に会うと、ちょっと体温が高くなったりするじゃない? 細胞の感覚は、触覚にいちばんでると私は思うし、とても理にかなってる気がする。でも、麻理恵ちゃん、物が多い人って片づけに時間がかかるんじゃないの?

こんまり:はい、かかります(笑)。ものを溜めてきた人ほど時間はかかります。でも、私の片づけメソッドって、“逃がさない”んです。洋服、書籍など、家中にあるものをすべてカテゴリーごとに集めて、そこから洋服ならば1着1着ときめくものを選び抜くので。実際、なかには半年くらいかかる方もいらっしゃいます。でも、正解は自分の身体が知っているので、心に正直になれば必要なものはわかるんですね。「高かったから」「もらったものだから」捨てられなかったものがたくさん出てきます。

Keiko:風の時代に運がいい=判断が速いことなんです。でも、「瞬時に判断できるようになりましょう」といわれても、では、どうやって迅速な判断力を鍛えるの? と思うじゃない? 麻理恵ちゃんの本を読んでときめく片づけを実践することは、直感を使って判断力をスピーディにする、とてもいいエクササイズだと思いました。理屈だとスピード感が出ないのはもちろん、正解でもなかったりするから。

こんまり:ありがとうございます。身のまわりの小さなコト・モノから積み重ねていくと、やがて人生の大きな決断にまで、Keikoさんがおっしゃるところの五感の集大成、直感を発動できるようになるのかなと。

Keiko:それをときめきという、インパクトがあってイメージしやすい言葉に置き換えた、まりえちゃんのセンスはすごい。

次のページ>>仕事に対しても “自分と対話”することが大切  
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ