ライフスタイル
ライフスタイルニュース

宇野実彩子はじめての味噌作り! 発酵食品で体内からキレイに

はじめての味噌作り

手作り味噌のワークショップを開催する田上彩さんを先生に迎えて、宇野ちゃんが味噌作りに初挑戦。味噌や発酵の基本を学びながら、『宇野“味噌”子』が完成するまでのプロセスをレポート!

\ずっとやってみたかったの/

pattern_1

材料はこれだけ〜

pattern_1
材料は、大豆(乾燥)1kg、米麹 2kg、塩 614gの3つ。これで約5.6kgのお味噌ができる。大豆はよく洗ってから、大豆の2.5倍量の水に半日以上つけておき、約4時間蒸す(もしくは圧力鍋で20〜30分蒸す)。5〜6時間水煮してもOKだが、蒸すほうが旨味と甘みが凝縮されて◎。

【1】蒸した大豆をつぶす

蒸した大豆を大きな器に入れて、手でギュッと握り、形がなくなるようにつぶしていく。硬くなってきたら大豆の煮汁を少量混ぜて柔らかくしてもOK。
pattern_1

\結構、力いる〜/

pattern_1

《Point》手を消毒しすぎないのがコツ

pattern_1
混ぜる直前に、石鹸やハンドソープを使って洗うと、発酵に役立つ肌の常在菌がいなくなるので、清潔な手を流水で洗うのがベター。

【2】麹に塩を混ぜる

\これが米麹!/

pattern_1
お米に「もやし」と呼ばれる麹菌をふりかけてできるのが米麹。そのままでも甘く、米麹の量が多いと味噌の味は甘くなる。今回のレシピは甘め。

\えっ! おいしい♡/

pattern_1
塩と米麹を均一に混ぜるのがポイント。味噌がカビたり、腐ったりしないように、塩を完成量の10%以上になるように入れる。今回は約12%分。
pattern_1

【3】つぶした大豆に塩・麹を混ぜる

3で混ぜた麹と塩を、つぶした大豆にまんべんなく混ぜていく。ちなみに麹には美肌効果があるので、味噌を作りながら手肌ケアも。
pattern_1

\手がきれいになるんだって/

pattern_1
次のページ>>【4】塩・麹・大豆が 混ざったら、「味噌玉」を作る  
67 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ