ライフスタイル
ライフスタイルニュース
14.Jul.2018

え!?極論 “結婚”で損をするって本当!?~【結婚とお金】の不都合な真実 vol.1~

結婚とお金の不都合な真実

え!?極論 “結婚”で損をするって本当!?

サラリーマンの給料が上がりにくい昨今、結婚は金銭的に"無意味"なの!?
専門家の見解を交えながら、見て見ぬフリはできない「結婚とお金」の問題に迫ります!

愛とお金は別問題!結婚はコスパが悪い!?

「結婚すれば愛する彼と家族になれるし、住居費や食費も折半できて一石二鳥!」
「高給取りのセレブ男子を捕まえれば、専業主婦になって養ってもらえるかも!?」 と、結婚に経済的なメリットを期待している独身読者は少なくないはず。
しかし、周知の通り(!?)、現実は甘くない。
〝婚活〞という言葉の生みの親である作家の白河桃子さんは警鐘を鳴らす。
「終身雇用制度が崩壊した現代は、結婚して専業主婦になれば安泰という時代ではありません。どんなに家事や育児をがんばっても、夫が失業して生活がままならなくなったら〝頑張り損〞です…….。正社員で働き続ける女性と専業主婦の生涯年収の差は2億円と言われていますし、結婚がコスパの高い選択とは限りません」
一方、結婚後に共働きを選べばお金の心配をしなくて済むわけでもない。
外資系金融機関勤務を経て作家に転身した藤沢数希さんが解説する。
「夫が定職に就かずあまり稼いでくれない場合など、夫の方が低所得だと離婚して〝切り捨てる〞のは簡単ではありません。妻が頑張って稼いだ財産を持って行かれる可能性もあります。そういった結婚の制度をちゃんと把握しておかないと、金銭的に痛い目を見るかもしれませんよ」

総じて、愛情とお金は切り離して考えるべき

家計再生コンサルタントの横山光昭さんも続ける。
「世帯年収にかかわらず、夫婦間で〝お金のルール〞が確立されていないと、お金が貯められなくて老後の生活に困るケースが多いです」

さて、覚悟はできましたか? 
ここからはさらにシビアな「結婚とお金」の問題に迫ります。

次ページ≫愛の価値はお金に換算できないけれど……

37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ