ライフスタイル
ライフスタイルニュース
27.Oct.2018

横澤夏子が伝授!【バドミントンのラリーが続かない女】の対処法

きっと会話もブチ壊す……“バドミントンのラリーが続かない女”の対処法

"身近に必ず一人はいるちょいウザ女" からサバイバルする方法を横澤夏子が伝授!

今回は、試合でもないのにいきなりスマッシュを打ちこんでくる『バドミントンのラリーが続かない女』からサバイバル!
pattern_1

基本スペック

【家族構成】3人姉妹の末っ子
【趣味】新たな趣味探し
【マイブーム】Tik Tok
【特技】毒舌(悪口)
【夢】専業主婦になる

バドミントンのラリーが続かない女のインスタ

pattern_1

【西加奈子さんの小説の写真】

「#読書の秋」というタグをつけて、文学女子に愛されている人気作家の小説を載せる。
pattern_1

女子会のトークと同じくおもてなしの精神が大事!

スポーツの秋! インスタ女子が「映える小道具」としてバドミントンセットを買う季節になりましたね〜。公園でお弁当の横にさりげなくラケットを置いて写真を撮り、「ヘルシー美人の休日」を演出するんです。そんな女子を発見したら、服装をチェックしてみましょう。およそスポーツには向かない、ひらひらのスカートをはいてますよ、絶対。最初から運動するつもりなんてないんですよ、どうせ。……え、偏見?

とにかく、元卓球部でラケットスポーツ全般を愛する私としては、「本気でやろーよ!」と言いたいところ。バドミントンは相手がいてこそ成り立つ競技。公園でやる場合は、勝ち負けではなくラリーを続けることを目標にするほうが楽しいですよね。そのためには、初心者も上級者もシンプルに「相手が返しやすい場所にシャトルを打つこと」を心がける必要があります。結果的に、協調性やおもてなしの精神(ひいては女子力)が鍛えられる! めっちゃ素晴らしいスポーツだと思いませんか?

それなのに、いきなりスマッシュを打ったり、ワザと遠くに飛ばしたりして、平和なラリーを乱したがる女がいるじゃないですか……。そういう女に限って、女子会でも急に毒舌を放つ〝会話クラッシャー〞なんですよね。恋バナで盛り上がっているときに、「さっさと別れれば?」と極論をぶっこむタイプ。怖いですよね〜。だから私は、いつも「バドミントンのラリーが続けられない女は冷たい」と肝に銘じてプレーしています。ただ、相手がひらひらのスカートをはいてたら、全力で打ち負かしちゃうかも。うふふ♥
次のページ>>「バドミントンのラリーが続かない女」からサバイバル!
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ