ライフスタイル
ライフスタイルニュース
14.Feb.2020

デヴィ夫人「1日10回の感動で永久に若さを保てる」【27歳が今、磨くべき力】

【デヴィ夫人に聞く】27歳が今、磨くべき力

学び続ける人だけが、輝き続けるから

人生は「自分らしい幸せ」を探すマラソンのようなもの。親の世代が走ってきた一本道を突き進むことが正解とは限らないし、コースチェンジも寄り道も自由。何歳になっても、一歩踏み出した先で新しい自分に出会いながら、幸せの答えを更新していくこと。それが今の時代における「自分磨き」なのではないでしょうか。

とはいえ、先の見えない道を闇雲に走るわけにはいきません。社会の空気を察知してイイ感じの道を見つける能力や、イザという瞬間の推進力となる自分への自信を培っておくことも大切です。ファッション、美容、お金、サバイブ能力、社交性……などなど、「今、磨くべき力」について、その道の達人に語ってもらいました。
今回はデヴィ夫人に、私たちは今、何をどんな風に学べばいいのかを伺います。ご自身の経験から語られる「チャンスが巡ってきたら必ず摑むこと!」という言葉は強く胸に響くのではないでしょうか。

「女は誰でも磨けば光るダイヤモンド♡でございます」

pattern_1

【Profile】

19歳でインドネシアに渡り、22歳でインドネシアの初代大統領スカルノ氏と結婚。日本人で海外の国家元首の妻になったたったひとりの女性。大統領が亡くなった後はパリへ拠点を移し、社交界では『東洋の真珠』とうたわれ、デヴィ夫人の愛称で親しまれる。華麗な経歴、そしてどこか浮き世離れした存在として講演、コメンテーター、バラエティ他TV番組等多様に展開。また地球規模で慈善活動を行っている。

Q.どんな風に学べばいいの?

何歳だろうが「為せば成る」。

自分の心がワクワクすることに従うだけでいいのです

〝自分を磨く〟ということは、自分の心が豊かに輝くこと。ほら、ダイヤモンドを想像してみてちょうだい。初めは原石でも研磨を重ねるごとに光を放ち、最終的には眩く美しく輝き始めるのです。

一見〝自分磨き〟というと難しく大変な苦労のように感じるかもしれませんが、本来は磨くほどにあなたに光をまとわせる楽しくて美しい作業なのです。

だからこそ、いろんな人と恋をしたり、たくさんの経験やミステイクをしながらご自分を輝かせていく必要があるのです。最初は新聞を読むだけでもいいの。社会の動向を知り、教養を身につけ続けることがあなたの底力となり、人生の可能性を広げてくれるはず。SNSなどで自分の好きな情報だけに触れている毎日では、何も学ばずいつまでも狭い世界の中で生きていくことになってしまいますよ。

わたくしの80年を振り返ると、人生のターニングポイントは、19歳のときに大統領と恋に落ちインドネシアに渡ったことかしら。当時は海外に行ったことのある日本人なんてほんの一握りしかいなかったし、日本とインドネシアは国交が樹立したばかり。家族を残して海外に嫁ぐこと、見当のつかない海外に行くことに不安がなかったというと嘘になります。でも、わたくしは不安よりも、まだ見ぬ世界への扉を開くようなワクワク感の方が強かったのです。

ちょっと勇気を出したら自分の人生に新しいステージが現れるような気がして、その好奇心に素直に従ってみました。そこからはみなさんがご存じの通り、大統領夫人となり、パリの社交界や世界中の大富豪といわれる男性ともたくさんの恋をしてきました。

60歳を過ぎてからはタレントという肩書が加わり、それまでとはまったく違う人生を歩むことになりました。高所恐怖症でしたので、テレビの企画でバンジージャンプを跳ぶことになったときは、さすがに躊躇しました。それでも、スタッフの方々を困らせるわけにはいかず、人助けのつもりでやりました。高所恐怖症に限らず、無意識のうちに自分を縛っている暗示を振りほどくためには、やはり思い切って行動するしかないのです。

わたくしが大切にしている言葉は「為せば成る」でございます。いつも心に人生の目的、目標、使命感を持って生きてきました。だから自分に巡ってきたチャンスに、迷わず手を伸ばすことができるのです。自分の人生にもがき努力し続けている人には、チャンスが何度でも訪れます。大切なのは、チャンスが巡ってきたら必ず摑むこと! わたくしの人生は、まさにその連続でした。

まずは自分の心がワクワクすることに素直に従ってみること。きっとそれは、新しい自分に出会える運命の扉に繫がっているはずですから。

《今、磨くべき力1》挑戦力

人は挑戦するのを止めたときが年を取るときよ!

みなさまご存じ? 人が年を取るときはチャレンジする気持ちをなくしたときでございます。わたくしはいつも「あの人にできて自分にできないワケがない!」こう自分に言い聞かせて、何事も楽しみながらチャレンジしているのです。「あれもやってみよう!」という気持ちがなくなってしまったら、それは進化が止まるとき。バラエティ番組での挑戦も成功したときの達成感の喜びと、新しい自分に出会うためにやっております。
pattern_1
ⒸOffice Dewi Sukarno

《今、磨くべき力2》チャリティ精神

幸せは人に分け与えてこそ、大きくなってまた自分に戻ってくるの

富や幸せを独り占めするなんてナンセンス! 心の狭い人の考えですわ。人にも分け与え、世に還元してこそ、大きく形を変えて幸せが戻ってくることを知らないのかしら? わたくしは動物愛護プロジェクトや、難民をはじめ、恵まれない子供達へのチャリティを率先して行っております。先日もバングラデシュまで足を運び、ロヒンギャ難民の惨状を見てきました。みなさまもご自分にできることから始めてみてはいかがかしら?
pattern_1
ⒸOffice Dewi Sukarno
 
41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ