ライフスタイル
ライフスタイルニュース

賢人たちに聞く!2021年ってどんな年になりますか?

2021年ってどんな年になると思う?

“コロナショック”の影響で3月に史上初のオリンピック延期が決定して、4月には緊急事態宣言が発令され、ヘトヘトになった総理大臣が辞任して……と、書ききれないほどのハプニングが次々と起きた1年ももうすぐ終わりです。

果たして来年は、どんな展開が待ち受けているのでしょうか?正確な未来なんて誰にもわからないけれど、傾向と対策を探ることはできるはず。2021年、働くOLの人生設計に役立つような“視点” を集めるために、独自の知識と思考力で注目を集めている賢人たちに見解を聞いてみました。

周囲の特性を知ることで新たな風が吹く一年に!

細木かおり先生

2021年は財運と不動産運を持った水星人が大殺界に入っており、まだまだ経済の回復は期待できないと思っています。その反面、ポジティブ思考で環境の変化にも強い天王星人の運気が良いので、新しい生活様式にも順応しやすくなると思います。

また、大殺界があけた土星人も良い運気に入ります。無から有を生み出すことが得意な土星人である菅義偉(すがよしひで)さんが首相になったことで、目新しい政策がどんどん実現の方向に向かい、未来への希望の芽が出る一年になるでしょう。

このように、占いは自分だけではなく周囲の運気のサイクルも知っておくことが大切です。ぜひ六星占術を使って、ご自分の家族や友達、職場の方々の個性や性質を把握してください。占いは、先を見通して人生計画を立てるためのひとつのツールに過ぎません。

実際の行動を決断するのは、あなたの心です。不安になりすぎて占いの活用法を間違えないためにも、自分の心のケアに集中して、前向きに人生を切り開いていってください。
pattern_1
占い大ブームを巻き起こした細木数子さんの娘で、六星占術の継承者。その的中率はもちろん、厳しくも愛のあるメッセージが多くの女性を中心に支持されている。

2021年の主な出来事(予定)

・衆議院議員選挙、新アメリカ大統領就任式
・東京オリンピック・パラリンピック開催
・東日本大震災から10年、アメリカ同時多発テロから20年
・スティーブ・ジョブズ没後10年、ココ・シャネル没後50年

身近なOLの暮らしはどうなる?

お話を伺ったのはこの4名

pattern_1
上から
経済学者 斎藤幸平さん
「人や環境をケアする仕事が見直されていくはず」
1987年生まれ。大阪市立大学大学院経済学研究科准教授。気候危機の根本原因である資本主義の問題点や今後のビジョンを示した『人新世の「資本論」』(集英社)が6万部、大きな話題を呼んでいる。

右:元衆議院議員 金子恵美さん
「2021年は春。これまで準備されてきた改革が一気に進みます」
1978年生まれ。新潟県出身。2012年に衆議院議員に初当選。総務大臣政務官に就任し、放送行政、IT行政、郵政を担当。政界引退後は、企業顧問やコメンテーターなど幅広く活躍している。

左:北新地「クラブ藤崎」ママ 藤崎まり子さん
「SNSの誹謗中傷に傷つかない人はいない。でも辛い経験もいつか糧に」
著名人も通う高級クラブでママを務める。大阪・北新地の“初代ホステスクイーン”に輝いた美貌だけでなく、インスタ(@mariko_fujisaki)のストーリーで発信される力強いメッセージに女性ファン多数。

ジャーナリスト 中野円佳さん
「『あざとい』がいい人も嫌な人もいていい。」
元日経新聞記者。過去に厚生労働省「働き方の未来2035懇談会」委員などを務める。『なぜ共働きも専業もしんどいのか』など、日本の働き方改革や女性の活躍に関連する見識が深まる著書が多数。

【幸せ】コロナ禍を通してみんな生き方を改革

pattern_1
2020年with11月号
2020年は「バリバリ働く女性&支える男性」という構図を打ち出したドラマ『愛の不時着』や『私の家政夫ナギサさん』が大ヒット。働くOLの心境の変化を映し出している作品だった。

「働き方もライフスタイルも多様になった今、女性も自分で自分の幸せを追求する時代に。結婚においても、相手の肩書や収入よりも、理想の生き方を互いに応援できるパートナーを選んだほうが幸せになれそう。そんな認識が今後も若い世代に広がっていきそうです」(中野さん)

【政治】

ハンコを押さなくても行政手続が可能に!?

pattern_1
©AP/アフロ

9月16日に菅内閣発足。改革の姿勢を示す

pattern_1
©代表撮影/ロイター/アフロ
就任早々、具体的な政策を示して改革を断行していくことを明言した新首相。なかでもOLの生活に大きく影響しそうなのが「デジタル社会」の推進だ。

「2020年はテレワークが浸透しましたが、今後は役所などでの行政手続きもどんどんオンライン化していくでしょう。その足かせとなる押印の文化を原則撤廃すると菅首相は発言しました。デジタル環境への対応力が足りないと損をする時代になる可能性も」(金子さん)
次のページ>>お金&恋愛はどうなる!?  
57 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ