ライフスタイル
ライフスタイルニュース

【京都の人気和菓子店12選】お土産にも! おさえておきたい老舗名店♡ 北区、上京区、左京区etc.

味はもちろん、見た目の美しさにもこだわった和菓子が京都には数多く存在していますよね。そこで今回は、京都旅の途中で訪れたいおすすめ和菓子店を厳選して12店舗ご紹介していきます♪ 和菓子づくりを体験できるお店も登場するので、ぜひご覧ください!

目次

1.【京都】北区、上京区、下京区、左京区などにある老舗和菓子店

【左京区】川端道喜(かわばたどうき)

pattern_1
北山駅から徒歩約2分の場所にある完全予約制の「川端道喜」は、室町時代から500年以上続いている京都の老舗和菓子店です。伝統を受け継いでいる「川端道喜」の名物といえば、「水仙粽」と「羊羹ちまき」の2種類ある「道喜粽(どうちまき)」が有名です。笹に包まれた京都洛北ならではの素朴かつシンプルな和菓子ですが、一口食べてみると品のある奥深い美味しさに驚くはず! ちなみに“可愛い”という意味の「おいとぽい」は、和三盆の干菓子で生菓子より賞味期限が長めなので、お土産にもぴったりですよ。自宅でゆっくりと時間をかけて味わってみてはいかがでしょう。

【北区】一文字屋和輔(いちもんじやわすけ)

pattern_1
平安時代の1000年(長保2年)創業の「一文字屋和輔」は、今宮神社の旧参道にあり、日本最古の飲食店とも言われている和菓子店です。こちらの名物は「あぶり餅」! 「あぶり餅」とは、一口サイズの餅にきな粉をまぶし火であぶったもの。ほんのりと甘い白味噌のタレが絡まっていて、元祖甘じょっぱい代表の和菓子です! 一人前13本セットですが、食べ始めるといつの間にか完食しちゃっているから不思議。お餅の香ばしい出来たてに、食欲が加速しちゃいます♪

【北区】嘯月 (しょうげつ)

pattern_1
北大路駅から徒歩約10分の場所にある「嘯月」は、京都府民から愛されて続けている完全予約制の和菓子店です。名物は上生菓子の「きんとん」。秋だと季節限定の栗きんとんが、絶大な人気を集めているそうですよ。予約の時間に合わせて作ってもらえるそうなので、作りたての味を堪能できるのも魅力ですよね! 芸術品のように美しい上生菓子は、手土産に喜ばれること間違いありません。

【下京区】今西軒

pattern_1
五条駅から徒歩約1分の場所にある1897年創業の「今西軒」は、京都で長年愛され続けているおはぎ専門店です。北海道産のエリモショウズという小豆を使用し、数日間かけて作られる餡は、甘さ控えめでとってもなめらか! 「おはぎ」は、つぶ餡、こし餡、きな粉の3種類から選べますよ。土台のもち米も抜群に美味しく、昼前には売り切れてしまうほど人気商品なので、予約してから行くことをおすすめいたします!

【下京区】末富

pattern_1
1893年創業の「末富」は、地下鉄五条駅近くに店を構え、昔ながらの格式や伝統を重んじながらも時代に添ったお菓子づくりを目指している京菓子専門店です。定番商品の中でも人気の「うすべに」は、かろやかな薄い麩焼き煎餅の間に、甘みを添えた梅肉を挟んだ干菓子。白い麩焼き煎餅は、薄く口当たりも軽やか。中に挟んだ梅餡がほのかに透けてみえる上品で美しい様は、多くの人の心を魅了しています。春の曙や咲き誇る桜の花々、夏の景物やほのかに染まる紅葉、紅梅に降り積む雪など、日本の四季の風情を和菓子から感じてみてはいかがでしょう。
次のページ>>日本庭園を眺めながらゆったりと味わえる「茶寮 宝泉」  
67 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ