ライフスタイル
ライフスタイルニュース

女性向け雑誌の2000年代キーワードは「癒し・色気・愛され」そこから見えた「意外な究極の答え」

2000年代の「かわいい」の形は?

創刊40周年の女性誌から振り返る「かわいいOL(仮)」ジャーニー

自分磨きの指標として、モノ選びの基準として、女子同士を結びつける合い言葉として、いつしか当たり前のように使われてきた「かわいい」という言葉。

創刊40周年を迎えたwithも、試行錯誤&アップデートを繰り返しながら、働く女性にマッチする最新版の「かわいい」をいつの時代も模索してきました。もっと自由に、もっと幸せになるために。OLという生き方が最先端だった’80年代から、女性たちの理想像は常にゆらぎつづけてきました。

今、私たちはどんなスタンスで「かわいい」と向き合うべきか? 過去の誌面を振り返ってみたら、意外な究極の答えが見えてきました。

お話を伺ったのは 西澤千央さん

ライターとして『文春オンライン』『Quick Japan』などで執筆する鋭い目線の批評やコラムに定評あり。『サイゾーウーマン』の名物企画「女性誌速攻レビュー」の書き手の一人として、女性誌カルチャーを長年ウォッチしてきた。

【’00年代】癒し系

「キレイ、色気、セクシー、守られる『かわいい』ではなく、男性を包み込む強さがかっこいい」

バブル崩壊後の不景気が続き、’00年代前半は日本中がお疲れモードだった。そんな中、大人の包容力と色気を兼ね備えたグラビアアイドル出身の飯島直子さんが“癒やし系”の女性としてブレイク。共働き世帯が専業主婦世帯を上回った時代。

「女性たちが守られる存在ではなくなり、疲れた男性を支え包み込む強さが求められるようになったのかもしれません。『かわいい』が幼児性から解き放たれ大人の女性が持つ色気も称賛されるように。エロやセクシーも『かわいい』になり得るという新たな発明がありました」(ライター 西澤千央さん)

エロとかわいいが、結びついて「癒やし系」に

pattern_1
2001年11月号

恋愛で、仕事でキレイになろう。生き方が問われ出す

pattern_1
次のページ>>【’00年代後半】「量産型かわいい」で憧れはどんどん身近に  
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ