ライフスタイル
ライフスタイルニュース
16.Dec.2018

【彼氏の実家 初訪問マナー・シーン別正解集】これで安心!完全シミュレーション

【scene2】玄関で➡流れをイメージしてから深呼吸!

◎呼び鈴を押す前にコートは脱ぐ

コートは玄関前で脱ぐのがマナー。定刻に着き、コートを脱いで、ひと呼吸。「ここから舞台がはじまる!」くらいの気持ちで、かわいいお嬢さんスイッチをオンに!

◎彼が一緒なら呼び鈴は押してもらう

実家訪問は彼が迎えに来てくれるはず。カメラ付きインターホンも多いので、彼の後ろで控えめにしているのが正解。ここからは〝彼を頼る=たてる〞ことを意識。
pattern_1

◎ファーストミーティングはとびきりの笑顔で

記憶に残る「第一印象」は、緊張していても全力の笑顔で。挨拶の言葉よりも先に明るい笑顔を見せ、感じのよさをアピール。鏡の前で練習しておきたいくらい、大切な瞬間!
pattern_1

◎挨拶→名乗り→ おじぎ→お礼の順番で

言葉と動作は分けるのがマナーの基本。「はじめまして、○○△子です」と名乗ってからおじぎ。最後に「お招きいただきありがとうございます」とお礼を言い添えるのを忘れずに。

◎玄関で手みやげはお渡ししない

手みやげはおうちのなかで向かい合ってからお渡しするのがマナー。ここではまだ渡さず〝これから差し上げる大切なもの〞として扱う。もちろん彼ではなく自分で持つこと。

◎靴を「脱ぐ→ 揃える」は基本マナー

靴は前を向いたままさっと脱ぎ、振り返りながら腰を落とし、手で揃える。できれば完全に背を向けず、特にお尻を見せないように意識しよう。揃えた靴は少し端に寄せておく。
pattern_1

【scene3】リビングで➡基本は彼に従う!

◎勧められた場所に座る

外食なら上座・下座を気にするが、おうちにはそれぞれのルールがある。ここでは家族の誰かに勧められたら、その場所に素直に座る。自分で勝手に座らないこと。

◎手みやげは紙袋から出し言葉を添えて

手みやげは紙袋から出して渡し、紙袋は基本的に持ち帰る(預かってもらえる場合は渡す)。渡すのは彼ではなく、彼パパかママに。選んだ理由を添えると会話がスタート!
pattern_1

◎彼の呼び方は 「下の名前+さん」が鉄則

この日ばかりは、彼を下の名前に「さん」をつけて呼ぶ。あだ名はもちろん名字もややこしいのでNG。事前に「こう呼び合おう」と決めておくと照れなく呼べるはず。

◎ご両親の呼び方、初回は保留でOK

迷うのがご両親をなんと呼ぶか。「お母様」も下の名前もちょっと早すぎ...…。まだ、呼ばなければならないシーンはあまりないので、初日はスルーするのが賢明かも。

◎ペットは会話のキューピッド

家族みんなから愛されているペットや赤ちゃんをかわいがることで、家族の輪に溶け込みやすくなる。タブーも少ないので、会話に困ったらペットの話!というくらい頼ってよし。
pattern_1

◎なにごとも「褒める」に徹する

ぶっちゃけキャラでも、この日は封印。飾り物やインテリア、食器、彼のこと⋮⋮なんでもいいので、いいな、と思うものを見つけてどんどん褒めれば会話が弾む。

◎お嬢さんに見えるお茶の飲み方

姿勢よく座り、カップや湯のみを持つときは指を揃え、音を立てないよう丁寧に扱う。ティーカップは片手で、湯呑みはもう一方の手を添えよう。口紅がついたらそっと指でぬぐう。そもそもべったりつかない色をチョイス。

ーcolumnー

場が凍るNG話題はコレ!

彼の失敗談や自分しか知らないだろうという話は×。また〝寝起き〞など、お泊まりを連想させる話題
も両親にはタブー。「彼の話を聞かせてください」という姿勢が正解。

次ページ≫【予想外シーン】キッチンのお手伝いはどうする??

88 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ