ライフスタイル
ライフスタイルニュース

「何卒よろしくお願いします」はどう言い換えられる?【ビジネスメールのマナー文例集】

働き方やライフスタイルが、大きく変わった今、「マナー」=「丁寧であること」が本当に正しいの? 基本+αで周囲と差がつくアイディアを集めました! 今回は、定型文=丁寧ではない!? ニューノーマル式ビジネスメールのマナーについて。

【最新版】ビジネスメールのマナー

在宅勤務が増え、仕事の主な連絡は電話≦メールという人も多いのでは? 定型文を羅列するだけが、丁寧な文章ではありません。相手に分かりやすく伝えることを最優先に!

基本マナーの「キ」

☑「簡潔に読みやすく」
☑返信は24時間以内に
☑1行は30字以内で改行
☑1メール=1案件

分かりやすく、読みやすいことがビジネスメールの最重要ポイント。ムダに長いメールでは、せっかく丁寧な文章を推敲しても、相手には伝わりません。

賢人たちの3つのアイディア

①「定型文より、内容を優先!」

リモートかつ、テキストでのコミュニケーションが増えている今、重要なのは迅速なレスポンス。相手が求めている場合は別ですが、「お世話になります」などの定型文を重ねるより、1秒でも早く読めたほうが親切なことも(ヘッドハンター 中田莉沙さん)

②「相手からの指示には内容を指差し確認」

相手からの指示や依頼に対しては、指差し確認するようにしています。人によっては抽象的にボールを投げてくる場合もあるため、解釈の仕方によって行き違いが生じてしまうことも。メールでのやり取りの際にも、相手がどのような対応を求めているのかを正しく理解するため、具体的にイメージできる状態まで確認をしています(SHOWROOM社長秘書 岩田麻里さん)

③「機密情報はメールで」

Slackと違って、複数人でのコミュニケーションができないので基本メールは苦手。でも、相手先の会社のルールや内容の機密度に合わせて、セキュリティの硬いメールを使うことも時には重要だと考えています(arca CEO 辻愛沙子さん)

▼ここも押さえておきたい!

すぐに使える文例集

●「了解」→「教えて頂き、ありがとうございます」
●「何卒よろしくお願いします」→「どうぞご自愛ください」
●「~して欲しい」→「すごく助かります」

ご時世に合わせ、体を労わる言葉に変えるなど、少しの工夫で印象に差が! また文末が「…」ばかりで相手に委ねるような文章は、誤解を招くことも。

教えてくれたのは

◎社会問題をクリエイティブで変える!
arca CEO 辻愛沙子さん

◎前田裕二さんを支える!
SHOWROOM社長秘書 岩田麻里さん

◎『セブンルール』出演でも話題!
ヘッドハンター 中田莉沙さん

Q. あなたにとってマナーとは?

人の数だけあるもの by辻さん
マナー=「共通のルール」ではなく、相手のタイプによって使い分けるべきもの。営業、エンジニアなど、それぞれの職業によっても求められることは違うはずです。社会人1年生向けのいわゆるマナー本に書いてあるような画一的な決まりごとにとらわれず、お互いに価値観をすり合わせる努力をすることが重要ではないでしょうか。

続きはwith4月号をご覧ください!

本誌では、他にも来客・訪問や冠婚葬祭、そしてSNSまで。多岐にわたるマナーのアイディアを紹介しています!

↓こちらもオススメ!

撮影/武藤誠(フチ子分) 構成/杉浦香 撮影協力/コップのフチ子 ●再構成with online編集部 
 
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ