ライフスタイル
ライフスタイルニュース

冠婚葬祭、そういえばマスクは何色で行けばいい?オンライン参加はアリ?意外と知られていない新事実

働き方やライフスタイルが、大きく変わった今、「マナー」=「丁寧であること」が本当に正しいの? 基本+αで周囲と差がつくアイディアを集めました! 今回は、コロナ禍でも華やかさは大事にしたい結婚式や、基本を身につけておいて損はないお葬式、【冠婚葬祭】のマナーについてお届けします。

【最新版】結婚式のマナー

コロナ禍でも服装やマナーは、今までと一緒でいいの? 知っておくと安心な基本マナーとともに、最新の結婚式のお呼ばれルールを婚礼のプロに教えてもらいました。

答えていただいたのは ノバレーゼ エキスパートプランナー 河野雄子さん

ウエディングプロデュース会社「ノバレーゼ」に2009年入社。エキスパートプランナーとして指導も担当。

☑この2つだけは押さえておこう!

《服装》教会式は袖ありの参列服が必須

パーティのみの場合は肩出しデザインでもOKですが、教会式の場合は袖ありの服で。神前式の場合は長袖を選び、きちんと感をより意識して。

《お金》ご祝儀は友人・同僚なら3万円が◎!

ネット上には「5000円×3枚でもいい」というような情報もありますが、やはり3万円包むのが一般的。親戚などの場合は、家族に相談を。

祝儀袋の決まりごと

中袋は表側中央に金額を記入。数字は「参」が正式ですが、「三」でも構いません。裏面に住所と氏名を。
pattern_1

アフターコロナで変わったNew Rule

最近は招待状に配慮文が書いてあることも多いので、返信前ならばお断りしても大丈夫。また最近増えたオンライン参列は、画面が会場に映し出されている場合もあり、ONにしたほうが新郎新婦は喜んでくださいます。
■マスク
黒は避けて白やパステル系を

■断り方
招待状に一文添えてある場合は、無理をせずに申し出ましょう

■その他
オンライン参列は普段着でいいので画面はONに!

作家 岩下尚史さんに聞く!

Q. 冠婚葬祭のマナーはとりあえず親の言うことを聞けば大丈夫?

A. 冠婚葬祭だからって、年長者の言うことを信じすぎなくていいんです!
冠婚葬祭マナーって、実のところ年長者もちゃんと知っているわけではないんです。というのも冠婚葬祭って昔は各家でおこなっていたもの。マナーもその家の年長者が教えていたので、家によって違うんです。しかもみなさんの親世代は、それを「封建的だ!」と反発してきた世代。だから今彼らが言っているのも、おそらくマナー本や業者の受け売り。基本を知ることは大事ですが、自分たちが納得するものを作っていったほうがいいですよ!
pattern_1

▼ここも押さえておきたい!

アフターコロナの結婚式事情

派手な演出よりもアットホームなパーティが増加!
コロナ前は、結婚式の演出がかなり多様化していましたが、今は“原点”に立ち返ったような印象。「おもてなしの心」を第一に。ゲスト一人ひとりと、ゆっくり会話する時間を優先するパーティが増えました。
次のページ>>基本を身につけて損はなし!お葬式のマナー  
49 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ