ライフスタイル
ライフスタイルニュース
04.Jun.2020

イタリア本場のチーズブレッド&ティラミスがつくれる!グッチが手掛けるレストランのレシピが公開中

長らく自炊が続いていると、毎日の料理に新鮮味がほしくなりますよね。そんなみなさんのために、「グッチ」がクッキング動画シリーズ「Cooking with the Gucci Osteria Chefs」をスタートしているんです! 

イタリア・フィレンツェにある「グッチ」が手掛けるレストラン「グッチ・オステリア・ダ・マッシモ・ボットゥーラ」の総料理長であるカリメ・ロペスさんらによるレシピと調理動画が、現在YouTubeで公開中。今回はその中から「ハチャプリ」というチーズブレッド、そしてイタリアを代表するドルチェのひとつである「ティラミス」のレシピを、日本語に訳してご紹介します♪

ジョージアに伝わるチーズブレッド、「ハチャプリ」

pattern_1
カリメ・ロペスさんとっておきの秘伝メニューである「ハチャプリ」は、ジョージアの国民食。たっぷりとチーズがのせられたパンに、卵が丸ごと一個トッピングされています。ふわふわの生地ととろけるチーズがたまらない一品! おうちで作るからには、あつあつの焼き立てを頬張りたいですね♪
pattern_1

作り方

生地の材料
(A)
・小麦粉 300g
・塩 2g
(B)
・砂糖 2g
・ドライイースト 4g
・温めた牛乳 80ml
・お湯 100ml

フィリングの材料
・おろしたチーズ 300g(フェタ、モッツァレラ、パルミジャーノ等、冷蔵庫にあるどの種類のチーズでも可)
・牛乳 約20ml
・卵 1個

トッピングの材料
・卵 2個

1. まず生地を作る。(A)を混ぜておき、別のボウルに(B)を入れて軽く混ぜ合わせる。すべてをひとつにまとめ均等になるまでこねて、2時間寝かせる。

2. フィリングを作る。チーズをおろし、牛乳と溶いた卵を様子を見ながら適量入れて、混ぜ合わせる。

3. 寝かせた生地を2つに分け、それぞれ直径約9インチ(約23cm)の円形に伸ばす。左右の端から内側に向かって巻いていき、ボートのような形にする。両端をつまんでつなぎ合わせたら、カバーをして1時間寝かせる。

4. 生地にフィリングを乗せ、180℃のオーブンで焼く。

5. 焼き色がついてきたら(目安はおよそ15分後)オーブンから取り出し、真ん中に卵を割り入れる。もう一度オーブンに入れ、卵が固まるまで焼き上げたら(およそ5分)、出来上がり。

Egg Dish Khachapuri | Cooking with the Gucci Osteria Chef Karime López

5分でできちゃう! 簡単お洒落な「ティラミス」

pattern_1
こちらは新たにできたビバリーヒルズ店のシェフ、マッティア・アガッジさんが教えてくれるイタリアの国民的スイーツ、「ティラミス」。5分で出来てしまうほど簡単です! 直接お皿に盛り付ける方法と、タッパーに作り置きする方法が紹介されています。ポイントは「レディーフィンガーをコーヒーに浸しすぎないように。中心部分にサクッとした食感が残る程度に」とのことでした♪
pattern_1

作り方

材料
・生クリーム(乳脂肪分36〜40%) 250g
・マスカルポーネ 250g
・粉糖 80g
・卵黄 4個
・アメリカンコーヒー(常温) 400g
・レディーフィンガー 1パック
・ココアパウダー(無糖)

1. ボウルにマスカルポーネ、生クリーム、粉糖、卵を入れ、ミキサーで10分間混ぜ合わせる。
2. プレートもしくはタッパーに1のクリームを広げる。レディーフィンガーをコーヒーに浸してからクリームの上に置く。
3. クリームを追加してコーヒーに浸したレディーフィンガーを置く工程を繰り返す。
4. ココアパウダーをまぶして、完成。

Tiramisù in 5 minutes | Cooking with the Gucci Osteria Chef Mattia Agazzi

「グッチ」が提案するお洒落でクリエイティブな「#おうち時間」を、ぜひ過ごしてみてくださいね♡

文/常松亜子
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ