ライフスタイル
ライフスタイルニュース
23.Dec.2019

1週間に1行書くだけでお金が貯まる!【マネーノート】の賢い使い方

これなら続けられる!【マネーノート】の使い方

with1月号についてくる【マネーノート】を活用すれば100万円貯金も夢じゃない! 目標の貯蓄を達成するためには、まずは月々の支出をちゃんと把握することから。各週ごとに「自由に使えるお金」の使い道を記録してみましょう。家計簿よりずっと楽チンです。

アドバイス/深田晶恵さん(ファイナンシャル・プランナー)

pattern_1
(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電機メーカー勤務を経てFPに転身。個人向けのコンサルティングのほか、各メディアで活躍中。自他ともに認めるお酒好き。

【STEP1】

【切り取って使いましょう】

スマホのメモでもいいけれど、紙に自分で記入する効果は絶大。ひと月分のお金の使い道がひと目でわかるのもポイントです。ノートは切り取って使えます!

【TO DO LIST】決まっているイベントや出費の予定があれば書きましょう

結婚式や旅行など前もってわかっている出費のほか、ダイエットや習い事などの始めたいことも書いておきましょう。
pattern_1

【ⒶⒷⒸⒹ:現金・クレカ・電子マネーと出口別・カテゴリー別に支出を記入】

Ⓐ:Life=生活に必要な日用品や食品などの買い物、交通費

Ⓑ:Beauty=美容院、コスメ、洋服など、おしゃれまわりの支出

Ⓒ:Fun=映画や旅行、趣味のほか飲み会、デートなどの交際費も
各週の支出を大まかに3つのカテゴリーに分けて、それぞれの合計額を記録します。何をどのカテゴリーに入れるか、あらかじめマイルールを作っておくのがオススメ。計算が面倒なら、細かく1円単位まで記入しなくてもOK。
Ⓓ:カードや電子マネー分も記入
このノートのポイントは、現金・クレカ・電子マネーとお金の出口別に記入できること。現金以外の、目に見えないムダ遣いも明らかにすることが大事です。クレジットカードや電子マネーで買ったときも、明細をもらっておくのを忘れずに!

【STEP2】

Ⓔ:各週ごとに支出を集計する
1ヵ月の「自由に使えるお金」の予算内に収めるためにも、各週ごとに集計してみよう。最初の週に使いすぎていたら翌週からは何かを節約したり、大きな出費が控えているなら飲み会をガマンしたりと、週単位で支出をコントロールする練習を。

【STEP3】

Ⓕ:ちゃんと予算内で生活できた?
月末には1ヵ月の振り返りを。予算オーバーして使いすぎていたら、その原因は何だろう?とノートを見て確認します。「セールで服を買いすぎた」「お祝い事が重なった」など、臨時の出費もあったはず。来月はそれも見越して予算を立てよう!

【今月の予算について】

下記リンクで算出した『自由に使える予算』を参考に、この月の予算を書きましょう。結婚式などのイベントがあれば少しプラスしたり、調整して決めましょう。月の初めに書いておくのが大事です!

➡ふりかえりPOINT

☑予算の設定に無理がないか?
☑隠れたムダ遣いを見つけ出す
☑来月のテーマ・目標を決める

【マネーノート】はwith1月号についてくる!

1週間に1行書くだけでお金が貯まる! 家計簿よりずっと楽チンなマネーノートをぜひ活用してみて!

▼「貯め方」のコツや、マネープランの立て方をご紹介!

▼お金の貯め方、給与明細の見方、お金的に理想の結婚相手など、お金に関するあれこれを詳しく解説中!

取材・文/黒澤彩 イラスト/黒猫まな子 ※再構成 with online編集部 
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ