ライフスタイル
ライフスタイルニュース
23.Feb.2018

これで自然にお金が貯まる!お金の流れが明確になる「銀行口座の整理テク」

毎月の貯蓄額:10万円
「給与振り込み口座のA銀行に9万円を残して、B銀行には、旅行用に毎月1万円を、C銀行には10万円を振り込みます。カードや電話料金の引き落としも含め、使うお金はC銀行のみ。B銀行のお金は旅行以外では手を付けず、A銀行のお金は入社以来ずっとおろさないようにしています。これで700万円ほど貯まりました」

絶対におろさない貯蓄と別に、臨時出費に備える貯蓄も

pattern_3
長岡春奈さん(仮名・29歳・秘書)実家暮らし
毎月の貯蓄額:9万円
「毎月、4万円が天引きになる財形貯蓄には、絶対手を付けないようにしています。それ以外に2万円を投資信託に積み立て(少し損が出ています)。さらに旅行や結婚式、コートなどの大きな買い物などの臨時出費用として、ネット銀行に3万円移します。現金をおろすのは月に1度だけと決めていて、その範囲内で生活します」

貯蓄用の口座のカードは持ち歩かないのがキモ!

pattern_3
小林恵美利さん(仮名・27歳・人材)一人暮らし
毎月の貯蓄額:3万円
「お給料が入ったら、貯蓄用の3万円をおろして別の口座に。このとき生活費と一緒にではなく、貯蓄分だけをおろして通帳に記帳するのがポイント。後で見返して、移し忘れがないか確認できます。貯蓄用の口座のキャッシュカードは持ち歩きません。また、それとは別に、冠婚葬祭などの臨時支出用に、ボーナスの一部などをおろして現金でキープしています」

3種類ともすべて、自動的に貯まる仕組みに

pattern_3
岡部ひとみさん(仮名・26歳・金融)実家暮らし
毎月の貯蓄額:7万円
「毎月4万円の財形貯蓄のほか、自動積立定期預金を2万円、投資信託の積み立てを1万円。いずれも、天引きや自動引き落としなので、自分で何もしなくても、確実に貯められます。また、カードだと、その月に自分がいくら使っているのかわかりにくいので、使ったらすぐに銀行口座から引き落とされるデビットカードを使っています」

取材・文/萩原はるな デザイン/フォルム
42 件

キーワード

あなたへのおすすめ