ライフスタイル
ライフスタイルニュース
06.Mar.2018

パーソナルスペースを意識して恋愛を成就させる10の方法♡広い人、狭い人の特徴付

パーソナルスペースとは?広い人と狭い人、どっちが恋愛上手?

快適な距離から恋愛や男女関係に活用できるテクを解説

pattern_1
「パーソナルスペース」とは周囲の人に近づかれると「不快だ」と感じる空間、エリアのことで、対人距離とも呼ばれます。パースナルスペースは生まれ育った環境や性格、性別や国籍によっても異なります。適切な距離感を保てば快適に人と接することができますが、不適切な距離感だと不愉快に感じます。一般に親密な人ほどパーソナルスペースが狭く、初対面や敵視している人に対しては広いとされます。
みなさんは満員電車の中で知らないと人と密着して「不快だな」と感じたことはありませんか?それは人と人が近づきすぎて「パーソナルスペース」に踏み込んでしまっているからです。逆に空いている電車では、なるべく端っこの席に座りたいと思いませんか?それは真ん中に座ると両隣に人にパーソナルスペースに踏み込まれてしまうと考えるからです。
pattern_1
パーソナルスペースは接する人との関係性や男女によって差があるため、恋愛や仕事においても重要な役割を担います。そこで今回は接する人との関係性における快適な適正距離から、パーソナルスペースが広い人、狭い人の心理や特徴、男女間や仕事におけるパーソナルスペースについて解説します。

相手との関係性におけるパーソナルスペースの快適距離

接する人によって心地よく感じる距離感は違う!

恋人や家族のような親しい人との距離は近くなり、初対面の人や仕事で知り合った人との距離は遠くなるのは誰しも同じです。そこで相手との関係性における適切な距離を見ていきましょう。

親しい人に許される親密距離(近くて0〜15cm、遠くて15〜45cm)

pattern_1
触れられても不快ではなく、抱きしめられたり、頭や脚をふれられたりする極めて近い距離を言います。家族や恋人など、親しい人にのみ許される距離のことです。満員電車で不快に感じるのは、見知らぬ人が親密距離に踏み込まれているからです。

相手の顔がはっきりと見える個体距離(近くて45〜75cm、遠くて75cm~120cm)

pattern_1
76 件

キーワード

あなたへのおすすめ