ライフスタイル
ライフスタイルニュース
28.May.2020

【OL100人の本音】おうち時間による「体調不良」とその驚きの理由―マスク着用で体調悪化!?―

20代〜30代のOLが多いwith読者は、4月上旬の緊急事態宣言を経て、テレワークが増えて自宅で過ごす時間が急増。全国的にそれは解除されましたが、依然として行動制限が続く状況で、彼女たちの身体にはどんな変化があったのでしょうか。

そこで20〜30代のOLを中心に100人に緊急アンケート! 約1ヵ月半にわたる外出自粛期間に、OLの身体に起きた変化と、その原因を考えてみました。OLならではの驚きのエピソードにも注目です。

約3人に1人が身体の不調を訴えるという結果に

「仕事=運動でもある」と考えるOLにとって、在宅ワークは天敵!

pattern_1
stayhome期間中、生活スタイルが変わったことで、「身体の調子が悪くなった」と回答した人は全体の36%。その理由のほとんどが「運動不足」でした。そして多くは、「通勤時の階段の上り下り」や「仕事での移動」などがなくなったことが運動不足の大きな原因だったようです。

「テレワークになったことで会社に通勤する必要がなくなって、外に出ない生活をしていたら、身体が重くなった気がします。時には4〜5日全く外に出ず、慢性的なだるさが続いた」(26歳・メーカー)

「1日中家で座りっぱなしの生活をしていたら、数週間後にひどいむくみに気づいてビックリした。今、アンケートに答えながら必死にむくみとりに励んでいます(涙)」(29歳・化粧品)

やはりOLにとって通勤や移動は、日々の重要な運動習慣でもあったようです。

スマホやPCの長時間利用も、体調不良を加速させていた

寝ている時以外スクリーンを見続けていることも!?

運動不足の他に身体の不調の原因となったのが、スマホやパソコンの利用頻度が増えたことによる肩こりや目の疲れ、頭痛。

「テレワークが増えて、常に画面とにらめっこ。仕事を終えてもYouTubeやNetflixを観ていたため、寝ている時間以外はほとんどスマホかPCを凝視していたかも」(23歳・アパレル)

暇な時間を潰すための娯楽は、そのほとんどがスマホやPCを利用するものだったようで、肩こりや目の疲れを訴えるOLが多かったようです。

一方で、こんな対策をした人も。
「ブルーライトメガネを買い、疲れにくいイスを導入。折りたたみPCもスタンドを付けることで目線を上げ肩こりを解消。しかしその一方で、部屋がメカっぽくなってしまい、オシャレ感がなくなり悲しい」(27歳・IT系)

「機能性」と「オシャレ」の両立は、なかなか難しいですね。
次のページ>>マスクの着用が体調不良につながっている?
50 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ