ライフスタイル
ライフスタイルニュース
03.Mar.2019

人間関係がうまくいく! オフィスマナー相談【Part2】

pattern_1

\可愛がられる! 仕事が進む!/

“人間関係がうまくいく”ためのオフィスマナー相談 第2弾!

第1弾に引き続き、北條久美子先生とメイと一緒に、職場でのオフィスマナーのお悩みを解決して行くコーナー。生活時間の大半を仕事に使うからこそ重要なのが、職場の人間関係。ついつい悩みがちなあの問題も、北條先生とメイが解決してくれますよ♡
pattern_1

北條久美子 先生

東京外国語大学卒業後、研修講師等を経て、2010年にキャリアカウンセラー資格を取得し独立。一般企業や行政機関、大学等で年間2500人以上にマナーやコミュニケーション、キャリアのセミナーを行っている。著書に『ビジネスマナーの解剖図鑑』『社会人1年生大全』。
pattern_1

メイ

久美子先生のアシスタント。猫ながら先生より指摘がするどいことも。

北條先生とメイが教えてくれるオフィスマナー後編!

相談7 雑用をいつも押し付けられて損している気分です

pattern_3
「誰かがやるだろう」を誰よりも先にやる
pattern_3
あの子のおかげでいつもピカピカね

必ず見ている人がいるし、あなたの力もついてきます

決して損などしていません。誰も見ていないようで “必ず誰かしらが見ています。” 率先してやっているのも、やらずに放置していることも、見られているのです。すぐに褒められなくても、その小さな積み重ねが大きな信頼感となっていきます。 “雑用を見つけたらチャンス!” くらいの気持ちで、さっと動いちゃいましょう。

雑用は〝段取り力〟を つける訓練にもなる

さまざまな雑用を引き受けるうちに、どうしたら効率よく、完璧にできるかを考えるようになります。これこそ、仕事にも応用できる段取り力。場数を踏んで身につけたい力です。

相談8 仕事に面白みがなくてやる気が出ません

pattern_3
後回しにしがちな自分と向き合う時間を作る
pattern_3
自分を丁寧に育てていきたいわね

将来の自分を思い浮かべてみて。やりたいことがたくさん出てくるはずですよ!

今の仕事でどうなりたいか、これから人生をどう歩むか、じっくり考える時間を持ちましょう。やり方は人それぞれ。お気に入りのノートを持ってカフェに行ったり、スマホを切って一人旅に出てみたりするのもいいかもしれません。一回だけでなく定期的に、 “自分とじっくり話し合う時間を作るようにしたい” ものです。

ロールモデルを見つけるのもおすすめ

具体的にどういうふうになっていきたいかわからないときは、ロールモデルを見つけて。例えば、話し方は会社の先輩、年の重ね方はテレビで見るあの人、など、一人だけではなくジャンルごとに持つのがポイントです。

次のページは>>相談9 周りの協力を得やすい人と 助けてもらえない人の違いって なんですか?

56 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ