ライフスタイル
ライフスタイルニュース

オンライン会議で「相手が話しやすい環境」をつくる4つの必見ポイント

オンライン会議では「動作力」もポイントに!

pattern_1

みんなが気をつけている4つのポイントとは?

【POINT 1】
話を遮らないよう、言葉でなく頷いて反応する
ミュートにしていたり、声を出すと音が途切れてしまったりするオンラインでは、オーバーめに頷いて反応しています。(28歳・メーカー)

【POINT 2】
メモを取るなら、画面に映る場所で!
メモを取っているつもりが、画面にその姿が見えないと話を聞いていないと思われがち。スマホで調べものをする時も、一言「調べますね」と伝えます。(27歳・広報)
【POINT 3】
大きめな表情で感情を伝えて
リアルほど相手の空気感が分からず、表情がないと冷たく見えるので、反応するときも大袈裟なくらいの笑顔を意識します。(29歳・営業)

【POINT 4】
挙手や拍手のスタンプも活用
自分が発言をする前には「挙手」の絵文字、相手の発言が終わった後は「拍手」などで反応を。(27歳・商社)
pattern_1

教えてくれたのは……

人材育成・コミュニケーション講師
桑野麻衣さん

人材育成・コミュニケーションの専門家。ANAやジャパネットたかたなどで教育研修を担当し独立。著書に『オンラインでも好かれる人・信頼される人の話し方』『部下を元気にする、上司の話し方』『好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい』。

話し方講師
渡辺美紀さん

「10倍伝わる話し方」セミナー代表・講師。外資系食品メーカーの営業職を経て独立。著書に『言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方』、『たった一言 伝え方を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』など。

続きはこちらから!

「SNS時代に武器になる言葉力」では、オンライン会議でのコミュニケーションの他にも、LINEやメールの文面やなど、SNS上での思いやるのある『言葉力』をご紹介。ぜひご覧ください!
イラスト/itabamoe 構成・文/宮田彩加 ●再構成with online編集部
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ