ライフスタイル
ライフスタイルニュース
21.Nov.2019

〔令和婚のトリセツ〕メーガン妃が火付け役の結婚トレンド7♡私たちもやりました実例集

時代は"オリジナル&ナチュラル"に。#2018婚 #2019婚 の花嫁たちのアンケートから見えてきた、最新のブライダルトレンドを一挙紹介!!

まずはこれを押さえておけば間違いない メーガン妃が火付け役!のトレンド7

ロイヤルウエディングはいつの時代も憧れの的

pattern_1
▲女子なら一度は夢見る、おとぎ話を現実にしたかのような式に世界がため息。
昨年の5月に、その挙式風景が世界中に流れると、一瞬にしてその後のブライダルトレンドを変えてしまったメーガン妃&ハリー王子の結婚式。激変の波はもちろん日本にも。そこであらためて、メーガン妃が取り入れたネオな7つのポイントをおさらいしておきましょう。
1.プライベート感溢れる小さめの挙式
2.装飾が一切ないプレーンなドレス
3.エリザベス女王の祖母、メアリーから受け継がれるティアラ
4.そばかすを隠さないナチュラルメイク
5.二人の思い出の地のダイヤモンドを配したカスタムメイドのリング
6.ハリー王子手摘みの花をあしらったボタニカルなブーケ
7.サステナビリティを意識した「オーガニックレモンとエルダーフラワーのケーキ」

 そのキモは、〝ナチュラル〞〝プレーン〞ながら〝二人らしい〞にあるよう。これから挙式予定の人は、ぜひ参考にして!
.


今流行ってるドレスの形は?

  サステナブル婚ってナニ?

 ブーケはどんなのがいい?
   ゜
 ・
   .

令和婚のトリセツ。

\お話を伺いました/
テイクアンドギヴ・ニーズ
北海道から九州まで全国に101会場を展開。経験豊富なプランナーが、2人のこだわりを形にしてくれること間違いなし。式当日だけでなく、その前後まで丁寧にサポートしてくれます。
問https://www.tgn.co.jp/

CRAZY WEDDING
完全オーダーメイドウエディングの先駆けであるCRAZY WEDDING。よりゲストとのコミュニケーションを大切にする式を実現できる新ブランド「IWAI」も、ぜひチェックしてみて。
問https://www.crazywedding.jp/

アニヴェルセル
アニヴェルセルはフランス語で「記念日」という意味。祝福のプロフェッショナルたちが特別な記念日を創り上げてくれます。海外の邸宅のような会場や大聖堂など、女子の憧れを叶えてくれる空間も魅力。
問https://www.anniversaire.co.jp/

01.クラシカルだけどモダン 長袖ドレス

ロイヤルウエディングの影響もあって、シンプルかつ上品でクラシカルなデザインの長袖ドレス人気が復活。ただし「王道のプリンセスラインではなくストンとしたストレートラインであったり、宝石やビーズなどの装飾物がなかったりと、"プレーン"なものを選ぶ人が多い」(テイクアンドギヴ・ニーズ)そうで、これが今っぽさを醸し出しているよう。
pattern_1
▲メーガン妃がまとった2着のドレス、長袖&ハイネックの波を感じさせるデザイン。
pattern_1
▲装飾もレース刺繍も全くないプレーンなホワイトドレスは、まさにトレンドの最先端!

02.エコでグリーンなサステナブル婚

環境意識の高まりから、エコやサステナブル感を出した結婚式を好むカップルも増えています。それゆえ「オーガニック素材やコットンフラワーのような自然素材を使った装飾が主流になりつつある」(アニヴェルセル)とのこと。そのラスティック(素朴)なムードが、逆にオシャレさを感じさせてくれます!
pattern_1
▲甘くなりすぎない、葉ものや枝ものを多めにあしらった装飾がオシャレ。
pattern_1
▲パンパスグラスやスモークツリーなど、素朴な素材で仕上げたブーケ。
pattern_1
▲蝶ネクタイにブーケと同じ色みのフラワーをあしらいボタニカル感を演出。
次のページ>>ヘアメイクのトレンドは? ブーケはどんなのがいいの?
78 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ