ライフスタイル
ライフスタイルニュース
11.Aug.2019

宇垣美里さんに聞く【自分らしく生きるルール】「高校生の時の自分から見て 『ダサイ』ことはしたくない」

宇垣美里さん【「らしさ」全開で愛されてる!無理しない生き方は人気女子アナに学べ!】

「女子アナ」という職業や世間一般の見方にとらわれない、メディアでの自然体な姿やその発言が、絶大な支持を集めている宇垣美里さんと弘中綾香さん。そんな2人に、それぞれが実践している無理しない生き方について赤裸々に語ってもらいました。

今回は宇垣美里さんの“自分らしく生きるルール”についてお届けします!
pattern_1

【PROFILE】

うがきみさと 
フリーアナウンサー、モデル。2014年TBS入社、勤務ののちフリーに。社会人6年目。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」のほか、週刊プレイボーイ「宇垣美里の人生はロックだ!!」、QUICK JAPAN「拝啓、貴方様」の連載など幅広く活躍中。
トップス¥28000/エキップモン(サザビーリーグ) イヤリング¥1880/アネモネ(サンポークリエイト)リング¥2690/ROOM(サードオフィス) インナー/スタイリスト私物

高校生の時の自分から見て「ダサイ」ことはしたくない。

私の行動基準って、高校生の時の自分なんです。高校生って一番多感で尖ってるじゃないですか。だから高校生の自分から見て、「恥ずかしい」「ダサイ」と思われない生き方をしようといつも思っています。それが私にとっては自分らしく生きるルールかな?

そして基本的に自分本位で生きているので、人生で誰かに好かれたいと思ったことがないんです。それよりは自分らしく生きることにずっと執着してきたので。楽天的だからこの場所が自分に合わないとか、この人ひどいこと言うなって時は、じゃあここに無理している必要はなくない? って思っちゃいます。

あと何かを比べたりするときも比較対象は自分軸で、他の人のことは「知らんし」って感じで(笑)。だって環境も、持っているものも違うのに比べようがないですよね。こんな風に幼い頃から割と我が道を行くタイプだったので、それを許してくれた家族、友人のおかげで、そのままのびのびと育ってしまいました(笑)。

【宇垣さんの“らしさ”のウワサ①】会話の時、相手の話を頷きながら親身に聞いていて素敵な女性だな!と思いました(with girls 宮川ゆいこさん)

ただ、その場の空気に合わせてイヤだなと思うことを「何でそんなこと言うんですか~」って流すことはないです。後悔しちゃうから!
pattern_1
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」での、宇多丸さんとの掛け合いやゲストとの会話にも人柄が。

【“らしさ”のウワサ②】裏表がなさそう!(with girls AKIKOさん)

私、誰にどう見られているかってことに興味がほとんどないんです。だから人の前で無理をしたこともないです(笑)。
次のページ>>【“らしさ”のウワサ③】ヘアやメイクをとっても、アナウンサーという枠に縛られず、すごく魅力がある!
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ