ライフスタイル
ライフスタイルニュース
05.Jun.2018

産婦人科医が教える「SEXにまつわる正しい知識ウソ・ホント!?」

SEXにまつわる正しい知識ウソ・ホント

日頃からあらゆる女性の悩みに直面している〝賢者〞が登場。OLが性生活で抱きがちな疑問に答えてもらいました!

女性にとって大切なのは自分の体に詳しくなること

「まずは『アンダーヘアを処理すると感度が上がる』や『ピルで卵子を節約できる』といった〝思い込み〞を捨ててください」と警鐘を鳴らすのは、産婦人科医の松村圭子さん。女性がセックスを通じて幸せを実感するためには、医学的に正しい知識を身につけることが大切だという。
「ネットの情報を鵜呑みにするのは危険です。最近はAVを真似して過激な行為に走る男性もいますが、その影響で腟内が傷ついてしまう女性も少なくありません。最悪の場合、それが性感染症を招くことも。健康を守るためにも、パートナーと話し合ってベストなセックスを探ることが大切です。また、少しでも早く異変に気づくために、基礎体温を測って体調やバイオリズムをチェックする習慣を取り入れましょう」

pattern_1
自分の体に詳しくなることの利点は性感染症の早期発見だけではない。
「幸せな気分になれるセロトニンというホルモンは、一般的に生理後から排卵期に多く分泌されます。それが減少しやすい生理前はイライラしやすく、セックスが楽しめないことも。体のバイオリズムを把握しておけば、ベストコンディションの日にデートを設定することも可能。理想的なセックスの道標となる情報は、AVでもネットでもなく、自分の体の中にあるんです」

挿入でイケないのが悩み……私って"不感症"なの?

A 挿入で快感を得られないのは体に問題があるわけではない!

若くてセックス経験の浅い女性の場合、腟に柔軟性がないのでペニスを挿入されると痛みしか感じないことがあります。だから快感を得られなくても、「私ってどこかおかしいの?」などと思う必要はありません。そもそも、〝不感症〞とされる症状は、生活習慣の乱れから引き起こされていることが少なくないのです。睡眠時間や食生活に気をつけるだけで「感じやすい体」になれることも。ベッドで「こうしなきゃ!」という思い込みを捨て、リラックスしてセックスを楽しむことも大事です。

Q セックスしすぎると腟がゆるむって本当ですか?

A セックスより運動不足がゆるみの原因になる!

SEXの刺激によって腟が極端にゆるくなることはありません。ただし、運動不足や過度なダイエットなどによって、尿道や膀胱、腟、肛門を支える「骨盤底筋群」が弱くなると腟がゆるんでしまうことも。最近は20~30代の若い女性でも骨盤底筋が弱ることで尿漏れを経験する人が増えています。一度ゆるむと戻らないわけではなく、骨盤底筋は簡単な運動で鍛えることが可能です。まずは肛門と腟にグッと力を入れて、10秒間締めます。そして力を抜く。この動作を10回繰り返してみてください。

次のページ>>「Q ピルでの避妊を試したい! 失敗するリスクは?」

41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ