withonlineロゴ
ライフスタイルトピックス

産婦人科医が教える「セックスの正しい知識」セックスをしすぎると・・ってホント?

人間関係

Q ピルでの避妊を試したい! 失敗するリスクは?

A 避妊効果は、ほぼ100%。

ピルは世界中で使用されており、正しく服用すればその避妊効果はほぼ100%。さらに副作用も少なく、性感も損ねない、女性主導で避妊できるなど、ピルには多くのメリットがあります。もちろんそれでも男性には性行為中にコンドームをしてもらうことはマストです。またピルは避妊だけではなく、月経困難症や子宮内膜症などの婦人科系疾患のリスクを小さくできるともいわれています。さらに、体質に応じて使い分ければ生理不順や肌荒れの改善も期待できます。医師の処方箋が必要なので、まずはかかりつけの産婦人科に相談してください。

Q セックス中に「濡れにくい」のは体の不調を示しているの?

A いちばんの原因は体の緊張かも!セックス前の水分補給も大事

セックス中に〝愛液〞と呼ばれる分泌液が出て性器が濡れるのは、汗をかくのと一緒です。だから、いい愛液を出すには、水分を十分に補給して、日頃から血流をスムーズに保つような健康的な生活を送ってください。また、まだ女性ホルモンの分泌が高いはずの若い女性なのに愛液が出にくいのであれば、体の緊張が原因かもしれません。居心地の良い自分の部屋や、時間に余裕がある休日など、精神的にリラックスできる状況でセックスすることで改善できるのではないでしょうか。

Q 健康的な腟の状態を保つには日頃どんなケアをするべき?

A デリケートゾーンを専用ソープで洗う習慣を取り入れて!

まず、デリケートゾーンはできれば専用ソープで洗ってください。通常のボディソープはデリケートゾーンにとって雑菌の温床になりやすい弱アルカリ性になったものもありますが、専用のソープならデリケートゾーンの酸性を保てます。また、最近は陰毛を処理してツルツルにする女性が増えていますが、私はおすすめしません。雑菌の侵入を防げなくなりますから。衛生面では、生理用品をこまめに替えることも大切。少ない日でも3~4時間に1回は替えましょう。
次のページ>>Q「 セックスって美肌効果があるの?」
43 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS